2021年6月13日日曜日

何にヤられているのか2

 


昨日の続き。


自分の中で聞こえる声は、誰なのか。

それは自我の声。


この世界は神様が作ったものではなく、その自我が作った世界。

だから自我にとっては、この世界は専門分野。どんなことも事細かく納得のいく指導をしてくれる。

だからこそ、私たちはその声から逃れられない。あまりに説得力のある声だから。


だがその声は、私たちを萎えさせる。

自我が作った世界で、自我の指導があれば、これは鬼に金棒。。。。なはず。

なのになぜか私たちはその声に苦しむ。



それは恐れがその土台になっているから。

この世界が恐れによって作られているのなら、私たちが苦しむのも無理はない。


私たちは恐れで出来上がっているのではないから。


本当は恐れの住人ではないのだから。


だから心がやられてしまう。

次から次へと恐れを押し付けてくる、その自我の声に。





私たちが恐れる時、体がギュッと凝縮する。

その時、世界が敵に見える。


自分という独立した体と、世界という空間の中に、自分という体とは別の、似たような体が目の前にあるように見える。それは自分とは完全に分離していて、その体の心の中は見えない。


そして自分の中の声がいうのだ。「あいつを攻撃しろ」


目の前の存在に恐れを感じると、その目の前の存在も同時に恐れを感じている。

その時、互いが防衛という攻撃を仕掛けるのだ。


だがそれは鏡に向かって、怒っているのと同じ。終わりのない戦い。

それでも自我は「もっと攻撃しろ!」と畳み掛ける。



これが自我の正体。

私たちを延々と恐れの中に埋没させ、この世界を維持させている。

問題は常に外にあり、その問題を解決するために、外を探せと。


けれどもその本心は、

「探せよ、されど見つけることなかれ」


私たちが自我と一緒に考えている時、恐れと共にいる。

問題を見つけて恐れ、それを解決するために考える。

実はこれは本当に考えているのではない。自我のループの中で踊らされているだけなのだ。


自分がいつも考えていることを思い出すといいかもしれない。

だいたい同じセリフを言ってないだろうか。

この世への嘆き、人への嘆き、自分への嘆き。。

その同じセリフの後に続く言葉もまた、同じセリフが続く。


それは考えるというレベルではなく、

「不満」という名のカセットテープ(古い。今でいうなら動画か?)の再生ボタンを押し続けているだけなのだ。





私たちの本性は恐れではない。

喜びなのだ。


人と喧嘩している時、自分と他人という分離がある。

しかし人と喜んでいる時、自分と他人は一緒だ。一緒に喜べば、その喜びはまわりにも広がっていく。


喜んだ時、神を知る。思い出す。本当はこうであった私たちを。

私たちはその時、神に触れているのだ。


あまりにも長い間、自我の世界があるかのように生きてきた。

でも忘れているだけ。


本当にあるのは神だけだと、どこかで知っている私たち。




生まれてきたばかりの頃、私は光の中にいた。

その光が徐々に色を帯び、形を作り、自分という意識と、人という分離した存在を作り始めた。

その形象の中で、散々苦しんできたが、それは私の思いからできたものに過ぎなかった。

分離を味わいたいという思いから作り上げたものだった。


自我は実在などしていない。





頭の中で聞こえてくる声を、そっと置き去りにして、

胸のあたりで静かに息をする。


昔よく見たシーンを思い出した。


波の音。。。

よせては返す波の音。。。

高く昇った月が、海の上に足跡を残している。


静かな息が、波の音と重なる。

その時、私と空と海と月は、ひとつになった。




絵/「天狗舞」


2021年6月12日土曜日

何にヤられているのか。

 


何にヤられるって、自分にヤられるんだ。


「自分の中に、監視する誰かがいて、いつも私に指図するの。。。」

一緒に散歩しながら彼女は言った。


「それ、脅してくるんでしょ。ボーッとしてるな!何にもしてないと、ろくな目に合わんぞ!とか」

「そうそう!バチが当たるとかね!」

「わかる~~w」


「そもそもさあ、そのバチを当てる神様って、どうなん?

そんな了見の狭い神様って、本当の神様かなあ。。。神様ってそんなもん?」

「いや~。違うと思う。。。神様は何でも受け入れてくれる優しい存在じゃないかなあ。。」


私たちは、神様ってすごく優しい存在だと信じながらも、

自分が何もしていないと、いきなりバチを当ててくる存在にする(笑)。


私たちの中に、トコトン優しい神様と、怒る神様を二つ持っている。

トコトン優しい神様は怒るだろうか。


トコトンやさしいから、怒る?

いやいや。トコトン優しいなら、怒るはずがない。


この言葉は矛盾している。半分妊娠している、みたいな。




怒る神様なら、時には優しくなだめすかして、私たちをコントロールするだろう。

なぜなら怒るのは、その神様の意に反したことをすることが気に入らないからだ。


神の意に反したことをさせない、つまりコントロールするためには、

なだめすかしたり、褒めちぎったり、脅したり、不安にさせたりしながら、

自分の持っていきたい方向に持っていくだろう。


でもトコトン優しい神様なら、怒ることなどするはずがない。

なぜならコントロールするという考えさえも浮かばないからだ。

ひたすら私たちを愛してくださる。


たとえ間違った方向に行っても、それを力づくで正しい方向に持っていくためにさとすのではなく、自分がその間違いに気がつくまで、陰ながらありとあらゆる方法で、優しく手を差し伸べるだろう。



私たちがバチを当てる神様を作ったのではないだろうか。

神様ではなく、エンマ様。


そのエンマ様はいつでも裁く、批判する、脅す、懲らしめる。自分で自分を見張るために。

それは自分が「自分を見張ってないと間違ったことするぞ」って信じているから。

だからそんな監視人を自分に与えた。


でも頭の中にいるだけの存在。頭の中でいつも囁くだけなのだ。

その声を聞くたびに、私たちは震え上がる。


「おーっと!ヤバイよヤバイよ。

ぼーっとしてる場合じゃないよ。

遊んでいる場合じゃないよ。

なんかやらなきゃ!なんかもっと建設的な何かを!」

そうして日々何かに追い立てられるように忙しく走り回る。


エンマ様にバチを当てられないように。


私たちはその、自分の中で聞こえる声に、ヤられているのだ。


続く。



絵/新書表紙イラスト 「途方にくれる働くアリ」

2021年6月8日火曜日

道で人とすれ違う

 


久しぶりにテレビのスイッチをつけた。

7時のニュースを見たら、恐れでいっぱいだった。


トップニュースはコロナであり、次のニュースもコロナであり、ついで次もコロナ関連であり、そしてコロナで。。。


何じゃこりゃ。

夕食時にこんなもの見ながらよくご飯が食べられるもんだ。

いや~な気分になり、とてもご飯を食べる気にならなくなり、途中で消した。

とたんに静寂が戻り、穏やかな気分で食事ができた。



「テレビなんか見たらバカになる!」と言われてた頃があった。

あれから何十年たっただろう。

気がついたら、テレビが私たちの生きるお手本になっていた。

「テレビが言うんだから、間違いない!」と。



滅多に見ないからこそ、外から引いてみられることもある。

まるで「恐れなさい、恐れなさい、そしてもっと恐れなさい。」

って言われているように見えた。





道ですれ違っても、山道で人と出会っても、その存在にビクッとする人もいるだろう。

できるだけ接触しないように警戒しながらすれ違う。

挨拶もできない。飛沫が飛ぶから。


目の前の人が敵(コロナ)かもしれない。

いやもしかしたら、私が敵(コロナ)で、人を攻撃(感染)してしまうかもしれない。。。



今までは被害者でいて、加害者は自分の外にいた。

でも今は、自分が加害者なのかもしれないという思いにさいなまれる、そんな時代。


他人も脅威だが、自分さえも脅威なのだ。恐れはますます人と人とを離していく。


こんなに他人を拒絶した時代があったろうか。

コロナは、人と人とを離すことになった。





だがよく考えてみると、人に接触をしないというのは、思いやりの行為。

マスクをするのも、感染しないためでもあるが、人に移さないようにという思いでもある。


一見人を引き離す拒絶のように見えるものも、

もう一つ別の面から見れば、相手に移さないための愛の行為。

互いが思いやる心。


恐れの後ろに愛があった。



高知に帰って、母に会いにいくのも愛の行為。

高知に帰らず、母に会わないのも愛の行為。


行為は真反対なのに、心は同じ思いであることに変わりはない。




同じ行為でもその捉え方によって、幸せにも不幸にも感じる。


道ですれ違う時、すっとよける自分の行為を、

拒絶という恐れで行うのか、

思いやりという愛の想いで行うのか。


この世界の原因は、心。

心が思っている方向に、現象という結果が現れている。


心が愛なのか、恐れなのか。

どっちを向いているかで、その人の幸不幸が決まる。



私は愛の想いを選びたい。


喜びで、人とすれ違いたい。




絵/夏の草(和紙)

2021年6月6日日曜日

ある日のシーン



ある日、近所で友人を見かけた。

見覚えのある車に乗った彼女の横顔。


「え?

今あの子は京都にいるはずなんだけど。。。

そっか。こっちに遊びに来てるんだな。

後で連絡くるかな。」


来ない。


その次の日もまた、同じ場所で彼女を見た。

「やっぱ帰ってきてるやん。」

一瞬私の顔を見た気がした。だけどスルー。

「なんでやねんっ!」


それからすぐ後、そのことを車の中でダンナにしてる矢先、彼女の車とすれ違う。

「あ、ほんまや!あいつやん!帰ってきてるやん!」

運転してたダンナも確認。

「でしょ!?でしょ!?でもなんで連絡くれないんや。。。」


モヤモヤしたまま、数日過ごす。

最近近況を聞いてない。フェイスブックにも更新がない。


メッセンジャーで「ヤッホー!見かけたけど帰ってきてるの?」と送る。

返事がない。既読にもならない。

ダンナが思いあぐねて、ケータイに電話。通じない。


これ、やばくね?

けどもしやばかったら、なんらかの形で私たちに信号を送るはず。。。

来ないってことは必要ないってことじゃね?


てか、もう死んでる!?




1ヶ月後、メッセンジャーに返事が。

「うおーーーっ、季節巡りまくってるーw」やて。


なんでもケータイ変えたらメッセンジャーにもアクセスできなくなったらしい。

わしらの動揺に気づくはずもなく。


SMSに頼る日々の中、ほんの少し連絡が取れないだけで、

これだけ右往左往するもんなのだと気づかされた。

彼女が単にケータイ変えただけなのに、妄想で彼女を殺しちまった。

妄想とはおそろしーもんである。



それから何事もなかったかのようにフツーにやり取り。

そんな中でおもしろいことが。


「裏高尾に帰ろうかと思ったこともあったんだよねー、4月に」

それを聞いてハッとする。


ちょっと待て。彼女を見たのはいつだ?

メッセンジャーにメールを送ったのは、その4月だった。


「あれはあんたのアバターだったんだ!」

「そーそー!驚くよね。だからつくしさんから連絡あった時、

あー、私飛んでっちゃったかーって思ってた」そうな。


その後彼女は京都に留まることに決めた。

そしてその後、私たちは彼女のそっくりさんを近所で見かけることはなかった。




彼女の中でいろんなことがあったんだと思う。

そんな中でここでの生活や私たちのことを思い出していたのだろう。


心が一つなら、その思いに近い人はそれを受け取ることになる。


心が繋がっていることをこんなにはっきり見せてもらったのは初めてだった。


それと同時に、この世界で私たちが知覚しているものは、

なんと曖昧なものかということ。

そこに見えているからあるのだと信じていることが、

実は実在するのだと言えるほど確かなものではないのだと教えてもらった気がした。


見たいものを見、受け取るものを受け取っている。


空間の中に、互いに独立したものが動き回っているわけではないと。


。。。うまく言えない(苦笑)





絵/高尾で見た天狗

2021年6月2日水曜日

聖霊って何?

 


「聖霊」ってなんだろう?

私がこのブログでしれっと言う「聖霊さん」という存在。


ああ、つくしはついにお花畑に飛ぶ、

羽の生えた天使とともにあっちに行っちゃったのか、、

と思われるだろーなーとか思ってますが。




ちょっと言い訳します(心ちっちゃ)

この存在は、羽の生えた天使ではない。

人物でもない。妖精でもない。妖怪でもない。


人の形もしていない、全く物理的なものではなく、

あえていうなら、「考え」「思い」ということだな。


だったら、「思い」とか「考え」って言えばいいんだろうけど、

それだと従来の思いとか考えとごっちゃになるので、それは使えない。

なんせ、聖霊の思いは、通常私たちが考える思いとは真反対のものだから。




色々考えた。どう言ったらええのだ?


例えば、「ぬらりひょん」でも「天狗」と言い換えてもいいのかもしれないが、

それだとゲゲゲの鬼太郎に出てくる、人の家に勝手に入り込んで、主のようにお茶を飲んでる

ふてぶてしい「ぬらりひょん」のイメージが出てくるし、

「天狗」は高尾山や鞍馬山にいる、

鼻が長い高下駄履いたやつのイメージが出てくるのであかん。


じゃあ、意味のない言葉はどうだ?

「パピポ」でもいいかもしんない。


「私はパピポさんとともに赦します」とか。。。。

なんかマヌケだ。。。


奇跡講座を語る存在がイエスなので、どうしてもノリがキリスト教的なのだ。

だから聖霊。


私も最初は抵抗があった。

「キリスト教徒でもないのになんで聖霊、、、?」


「ブッダ」でも「仏」でもいいらしいのだが、

それにまつわるイメージがあるので、キリスト仏教(笑)みたくなる。


さんざん考えたが、他に思いつく言葉が見当たらないので、

言われるままに素直に使うことにした。




聖霊とは、自我とともにこの世界に生きる私たちに、

神を思い出させてくれるために連れてこられたメッセンジャー。(いや、人じゃないよ)

実のところ、その聖霊は元々の私たちなのだ。


自我とともに考えてきた私たち。自我が教えるこの世界。

どっぷり浸りきって、元々の自分を忘れている私たちに、

この世界は実在していないことを思い出させてくれる考えを与えてくれる。


ブッダが「この世界はない」と気づいたことを、

聖霊は言葉にならない何かで、私たちに事細かく教えてくれる。


どうしてそれはないのか。

では本当の世界とは何か。

体験を通して、少しづつ気づかせてくれる。


自我の目を通してこの世界を見ている私たちに、

聖霊の目を通して見るようにうながす。

それはとても優しく、ゆっくりと、柔らかに、解きほぐしてくれる。




起こる出来事は、自我とともに信じてきた信念を手放すために起こる。


「それはまだ必要かい?

苦しさはまだ持っておきたいかい?

それを私に手渡してくれる気はないかい?」


そうして「まだ、ヤダ!まだこの苦しみを味わいたい!持っていたい!」

といえば、それを尊重してくれるし、


「もう、、、いいです。もうこんな苦しい思いは私に必要ありません。。。

あなたに手渡します」

といえば、

「ではそれをもらっていくよ」

と、持って行って取り消してくれる。


そこにとてつもない深い愛を感じる。

たぶん、私が感じる比ではないほどのものだろうけど。


だから今日も、私は聖霊さんとともに赦していく。





絵/ラクシュミ