2018年11月11日日曜日

静けさの中に入る



心の中を観ることをしていくと、どんどん自分の中をほりさげていくことになる。


前はおおざっぱな感情だけが見えていたのに、それを通過すると、より細かい感情に気づき、それも通過すると、ますます微細な感情にまで気がつくようになる。
ほんの一瞬の心の動きのはじまりまでもが感知される。



そのうち、自分が外ものに反応していることに気づきはじめた。

外に見える世界。
人の言葉、人の態度、
畑、庭、山、
外に見える世界に反応している自分。

ネットの文字に反応し、
テレビの映像に反応する自分。

そしてふいに浮かぶ思い、想念、イメージ。
あたまの中も、また外のものだ。



いわゆる「幸せ」も、外からやってくる。
食べて幸せ、聞いて幸せ、見て幸せ、
理解して幸せ、達成して幸せ。。。

だがそれは長くは続かない。
ネガティブな感情も、ポジティブな感情も、長くは続かない。
ネガティブな感情は、追いかければ長く続く。そして肥大化する。
ほっておけばそれはやがて消える。
どっちにしろ、外を見て受けとる反応は、やがて消える。

その仕組みにいささか疲れはじめた。
なぜこうも、反応しなければいけないのか。そこに本当のものはあるのか。

『反応の中に答えはない。。。』

心のどこかでそう聞こえた。



反応から来るものではないなにかがある。
それは外からはけして来ないもののようだ。

見ず、聞かず、外に反応をしない時間をもつ。
心の中の声さえ聞かない。
すーっとまっすぐ自分の中に降りて行く。



静けさがある。
静けさのむこうに何があるのだろうか。
わからない。
ただそこにいることが心地よい。


目の前に見えている世界が、『何の意味もない』
という言葉の意味が、
ちらちらと、わたしをくすぐる。




キクイモが消えた



畑の一角に、ずっと森のようにこんもりと生い茂って勝手に育っていたキクイモ。

収穫の時期が来て、土を掘り起こしてみると、いつもはわらわらと出て来る芋が、今年はこつ然と姿を消した。

昔は背丈ほどあったハルジオンも姿を消した。アカザも消えた。
畑の中で植物たちは変化をつづける。
キクイモもその姿を消そうというのか。

鳥に食べられる豆類は、移動したがっている。風に吹かれて飛んでいく種も移動したがっている。種たちはそれぞれの特徴を生かして、どうにかして移動したがっている。

芋たちは自ら移動しない。だから移動させなくてもいいものだとして、サトイモもそのまま同じ所にうわりっぱなしだった。でもそういえば、新たな所では芋は大きいいが、昔からある場所は、小さくなってきている。かれらもまた何らかの形で移動したがっているのだろうか。

キクイモは同じ所で、かれこれ6年育ってきた。
サトイモもおなじくらいだ。

キクイモはキクイモの、サトイモはサトイモの、それぞれの土の中で飽和状態が起こっているのかもしれない。来年は別の場所に移動させてみよう。

ん?しかし芋はどうやって移動するのかな?
人の手だけ?
え?サル?
ちょいぐいして、ほったらかすのは、そのためか(おいっ!)




2018年11月4日日曜日

過去の清算




ダンナが、今過去の清算をしている。

阿佐ヶ谷時代からニューヨーク時代へ、そして今の高尾時代へと生きてきた片鱗を整理しはじめている。
人間生きていると、いろんなものが増えていく。表現するものは、表現したがゆえに、いや、アイデンティティを確立するために、表現物が増えていく。それにともない、道具もがんがんと増えた。

昔はカメラはフィルムが当り前。今はデジカメが当り前。時代はどんどん変化していく。無用の長物となったでかい引き延ばし機、現像にまつわるもろもろの機材や材料。ありとあらゆるものを、どんどん捨てはじめた。

音楽の機材もおしげもなく捨てていく。そしてずっと大事に持ってきた若い頃に影響を受けたこむずかしい本たちさえも。

彼の中に何かが起こっている。過去で埋め尽くされた心に、新たなものを入れていくスペースでも作ろうと言うのだろうか。

今はヤフオクや、メルカリなどのシステムがある。使わないものを誰かに渡してそれを生活の足しにするでもなく、気持ちいいぐらいばんばん捨てていく。それが彼らしい。

一方の私はと言えば、モノが捨てられない性格。
「ひょっとしたら、いつか使うかも。。。」
と、穴のあいた畑用の手袋、新聞紙、間違えてプリントした紙、お菓子のカンカンまでとっておく。(メルカリに出せるものなどひとつもない!)
「いつか資料になるかも。。。」
と、読みもしない本もずっと本棚に入ったまま場所を占領しつづける。へたに制作などしたら、どんどん作品という名のゴミまで増えて行くではないか!

強烈に整理下手な私の部屋は、いつもわけのわからんものが乱雑につみ上がっている。このまま行ったら、ここは私のせいでゴミ屋敷になるかもしれない。。。



ダンナが一枚のモノクロのベタ焼きを見せてくれた。
大量のベタ焼きを整理しているうちに、なつかしい写真が出てきたのだ。
まだ黒髪が光っている30前後の私が写っていた。自分で言うのもなんだがかわいい(笑)。
こうやって、過去の自分をみては、
「ああ、あのころは若かったなあ~」
なとど、しみじみとおもうのだ。
きっと今の白髪頭の私を写真にとっても、十年後には、
「ああ、あのころは若かったなあ~」
などと、きっとしみじみとおもうのだ。。。!

だがベタ焼きでうつっているあのころの私は、決して自分が今若いとは思っておらず、若さを謳歌するでもなく、もっと若かった自分を思い、今の自分をうれいて、苦悩していたのだ。

それってどうなの?なんか、損こいてね?
ずっとずっと、過去をうらやんで、今をうれいてばかりなのだ。
今を「こうではない」と言い続けて、未来にもっといいものを探そうとし続けているだけなのだ。

約30年前の私が、
「で?今はしあわせかい?」

と、聞いてきている気がした。