2023年2月3日金曜日

想像してみる


 

夢を見た。


夢の映像は友達と一緒にご飯を食べている。

だけどそのシーンとはまったく関係なくメッセージは訪れていた。


それは、すべての兄弟は誰も悪くないというメッセージだった。



人の行為は、その人がそうせざるを得ない信念があるから生まれる。


たとえ他人にひどいことをしても、

そこに至るまでどんな思いで苦しんできたのか、

どんなところまで思い詰めてきたのか、

だからそうせざるを得ないことをした。


たとえチクっと誰かに悪態ついても、

悪態つかざるを得ないほど、

その人は苦しんできたのだ。

その人の中にある信念がゆえに、

そうせざるを得なかったのだ。


過去に一体どんな経験をし、

その時たくさんの信念を持ち、

そのたくさんの信念で、いいか、悪いかを判断し、

迷い、葛藤の中で苦しんできた経緯があるとしたら、

誰が責められるだろうか。



人を責めるのは、自分の中に罪悪感があるから。


自分の中にあると思っている罪の意識が苦しいがゆえに、

それを人に見て、一瞬心をなぐさめる。


しかし人を責めることは、同時にまた自分を責めることになる。

人に罪を見ることは、自分に罪があると、また宣言することになる。



ところが人に無罪を見れば、その瞬間自分も無罪になる。


これが真実。




誰かが何かやったことに対して、他人を責めそうになるとき、

その人がそうせざるを得なかったその経緯を想像してみる。


そして自分に問うてみる。

もしこれを私がやったとしたら、

私は私を責めるだろうか。


想像力は力だ。


一体誰が誰を責められる?


だから、誰も悪くない。


誰一人悪くないのであれば、誰も赦す必要もない。



コースの赦しは、何も起こっていないがゆえに赦す。


この赦しがコースの赦しとつながるかどうかはわからない。


しかしこのメッセージは、私を安堵させる。




絵:「雨の杉林」




2023年2月1日水曜日

コケちゃった

 


最近、道端でいきなりコケた。

左足首をくじいて、今はびっこ生活。


そのあと、人に怒られるということが立て続けに起こった。


人は嫌なことが起こった時、瞬時に「私、何やった?」と考える。

そしてやったことに対してバチが当たったんだ!と考える。


人は因果関係を作り出す。

この三つの出来事を組み合わせて、

人を不快にさせたから、バチが当たってコケた。。。


いやいや、時間が逆だ。


いや、ひょっとしたら、先にバチに当たっといて、原因が後に来た。


そんな組み合わせもできるが(できるんかい!)、

そこを見ることではないと思った。


とにかく、人を不快にさせたことは、言葉と心で深くおわびした。




そしてここから先は、その本当の原因に向かう。

この世界に原因を探しても見つからない。

この世界は私の心が投影されたものが知覚されているのだから。


元の原因は心にある。


じっと考える。

聖霊さん、一緒にみてください。

この一連のことは、私に何を教えようとしているんですか?


「私には罪がある」


そうだ。

私には罪があるから、道端でコケるし、人に怒鳴られる。

この一連のことはそれを証明している!


原因は罪があると信じていることだった。


罪があるなら罰を与えなければいけないからね。

コケるバツ、痛い思いをするバツ、怒鳴られるバツ。


しかしなんの罪?

人を不快にした罪、老いてきた罪。。。。


その一つ一つの罪を、どうやってあがなうのだ?


どーやったら、罪は消えるのだ?


。。。。。これ、キリがねえ。





罪は消えるわけがなかった。

だって、「罪ありき」で考えているのだもの。

私には罪があるという信念があり、その前提でいるかぎり、罪が私から消えることはない。


この罪があるという間違った考えを提出して、この考えの訂正をお願いするのだ。


聖霊さん、私のこの間違った考えの訂正をお願いします!!!




とんでもない訂正のお願いをするものだ。

だって、この世界は罪ありきでできている。

罪があるという前提でない限りは、この世界は成り立たない。




翌朝、喜びで目を覚ました。


まったく罪がないという感覚はこのようなもの。

嬉しさではしゃぎそうになる。

幼稚園児になったような気分だった。

はしゃぎそうになって、足がグキッとなってハッとするんだけど。


以前そのまったく罪はないというところにいたことがあった。

その時と同じように喜びにあふれた。


その限りない喜びはしばらくたつと消えていったが、

確かにそれはあると再び聖霊は教えてくれた。


そういう体験をするたびに、聖霊は確かにいると思える。

私の知らないところで何かが動いている。




私たちはずっと心の奥に罪を感じている。


罪があるという思いがあるがゆえに、

不快な出来事が起こる。

でもその不快な出来事が起こるたびに、

心に向かうチャンスが与えられている。



人は嫌なことが起こった時、

瞬時に「私、何やった?」と考える。


そしてやったことに対してバチが当たったんだ!

と考えるということは、

この世界があるという前提に立っている。


この世界でどうにかして幸せに生き延びようとさせる自我の思惑がある。


そのハリボテのような世界を通り越して、

その向こう側にある真実に目を向けるチャンスが与えられている。





絵:「梅の秋」





2023年1月27日金曜日

みじめである必要はない

 


仕事ができないことを悩む知り合いから相談を受ける。


私から見たら、完璧に仕事をこなす人。


それでも彼女は自分が仕事ができないことをしょっちゅう先輩になじられて苦しんでいた。

そしてついにその苦しさから先輩の前で泣いてしまう。


仕事ができない悩みの上に、さらに泣いてしまうという、

いわば大人気ない自分の行為に、これ以上ないほど打撃を受けていた。



泣いていいんだよ。


ええ?いいの?

だってめんどくさいやつだと思われるじゃん。。。。




彼女はただでさえ自分は仕事ができないことでみんなに迷惑をかけているのに、

さらに泣くという、輪をかけてめんどくさいやつに成り下がってしまったというおもいでいっぱいになっていた。と同時に先輩に対する憎しみもぐちゃぐちゃに入り乱れていた。




先輩は、彼女が信じていることを、ただ口にしていただけだった。


私は仕事ができない人間だ、と。


「あなたは仕事ができないと信じている。

ほんとうにそうなの?

でもその思いをやめることができる」と。




私は彼女にそのことを伝えたが、彼女の欲しい答えは、

「私は仕事ができるか否か」だった。


私が、あなたは仕事ができる人だ!と何度言っても納得がいかない。

あなたはそういうけど他の人は言わないと。


しかしもし社長に言われても、一瞬彼女は喜ぶだろうが、

そのすぐ後に、また疑いだすだろう。


褒めた理由は何?

なんか魂胆でもあるの?

それともただのお世辞?



そうなのだ。

信念とはこれほど強いものなのだ。


「あなたはそう信じている」


それを疑うことはできるか。


狂人が、誰かと話をしている。

そこには誰もいないと言っても、現にそれを見て信じている人に、

そこには誰もいないといえるだろうか。

説得できるだろうか。



きっと彼女はできるか、できないか、というところにいる限り、

そこを行ったり来たりすることを繰り返すだけだ。



私は一日中考えた。



明け方、半分意識が起きながら夢を見る。


家具の下に溜まったホコリを全身ホコリまみれになりながら取っていた。

キリがなかった。

みじめだった。


ホコリを胸元に集めながら、「みじめだ。。。」と思っていた。


ふと脇を見ると、排水溝に一匹の猫がはまっていた。

半分死んで、半分生きていた。

腐敗の匂いと、にゃあにゃあと私に助けを求める声。

取り出せたとしても死ぬことはわかっていた。


みじめだ、、、。


世界はみじめだ。。




そして思った。

みじめである必要はない。。。。!


そうだ!

みじめである必要はないのだ!


こうである必要はない!

コースの言葉が思い出された。



みんな同じだった。

この世界のものはみんな同じ。みじめであった。


仕事ができるか、できないか。

猫は生きているか、死んでいるか。

泣くか、泣かないか。

いじめられるか、いじめるか。

お金が増えたか、減ったか。


いくら「あなたは仕事ができる」と言われても、そこに安堵は一瞬しかない。

次の瞬間また不安が襲う。

お金が増えても、また減ることを心配する。



私はもう、みじめさを選ばない、、、、!

そこはすべて同じだ。地獄だ。



それを選ばないとは、信じていることを疑うということ。



仕事ができるできないは、その世界を信じているところにいる。


だがそれを疑うということは、この世界とは違う視点に立つことだ。


決断の主体はそこにある。

この世界を疑うところに立つ。




通常私たちが考える選択は、AかBか。


仕事ができるかできないか。

男か、女か。

お金があるかないか。

右か、左か。


それは全て同じ。みじめさの中にいる。


だがみじめさを選ばないという選択がある。

それが垂直の選択。

これが本当の二者択一。


愛か、恐れか。

光か、闇か。

自我か、聖霊か。


片方は実在しない。



一瞬一瞬に自我は私たちに語りかける。

こっちだよ~。こっちの水は甘いよ~。


慣れ親しんだ、みじめさの蜜の味に誘われる。

何度も通ってつけられたワダチの跡に車輪がはまっていく。。。


これからも誘惑は何度もやってくるだろう。


その度に打ちひしがれるだろうけれど、

それでもそれを私は選ばない。

もうみじめさは選ばない。


愛を選ぶ。

光を選ぶ。




絵:「雪の杉林」








2023年1月24日火曜日

デジャヴ




GYAOの配信で、「ブラッシュアップライフ」というドラマを見ている。


33歳で死んだ主人公が、受付で来世はオオアリクイだと聞かされて悩む。

そしてもう一回今世をやり直すという選択をする。


オオアリクイでの来世の理由は、あまり徳を積まなかったということで、

彼女は再度生まれ変わり必死で徳を積む。


しかしまた33歳で死に、

今度はほんのちょっと徳を積んだらしく、来世はサバに。

さんざん悩んだあげく、また3巡目の今世に挑戦。。。。



という面白い設定だが、私はそうも笑っていられない。

時々やってくるデジャヴ。

「なんか。。。これ、前に見たことあるぞ。。。知ってるぞ、これ。。。」


そのドラマは記憶が残ったまま繰り返すが、

この私のデジャヴは、ひょっとして記憶が消された何巡目かの、この人生ではないのか。。。?

そのデジャヴは、マジでその記憶がふと蘇るだけじゃないのか。。。?


同じ設定で同じように反応する自分がいる。

誰かにこう言われたらら、こう切り返す。

誰かにこう思われているかもしれないと、恐れを抱く。

そしてその恐ろしいことが起こらないために策を練る。。。


ということの繰り返しは、
生まれ変わっているかどうかは置いといても、
まさに人生の繰り返しなんじゃないのか?


この一つの人生の中で、何度も同じ設定で同じ反応を繰り返す。

このことが、輪廻なんじゃないのだろうか。


自我は「違う違う」という。

「新しいことだよ。今まで体験したこともないことだよ。

ほら、その中で反応して。」


こうやって私はまたこの世界にひきづりこまれているんだとしたら。。。



あのドラマは、徳を積んでいくほどに、人間に戻れる(?)のかもしれないが、

そもそも人間に生まれ変わることになんの得があるんだろうか?


このたかだか何十年の人生。

楽しいったって、大した楽しさでもない。いずれ死ぬ。


ブッダがこの輪廻から出るように教えたのは、

この生まれ変わることになんの意味もないと知ったからではないか。

それが「苦」なのではないか。


ではこの輪廻から出るには、どうすればいいのか。


同じ反応をしないことだろう。

誰かにこう言われたら、こう切り返さない。

誰かにこう思われているかもしれないと思ったら、それを取り消す。





ほんの小さな自分のいつもの反応でさえも、

それに気がつき、やめていく。

過去と同じ反応を選択しない。


そのほんの一瞬の心の選択で、何かが変化しているのを感じる。

今までとは違ったものがそこにある。


同じ反応を繰り返していた頃は、同じ結果しか生まなかった。

苦しんで、次の苦しみに向けてまたもがく。



同じ反応をしていた時には、時間があった。


でももう同じ反応を選ばないと、、、、


時間が消えていく。


今、ここにいはじめる。




それは輪廻という時間が消えていくからではないだろうか。





絵:「イチイの木」










2023年1月22日日曜日

想像してみる


 

肉体という分離の中にいると、相手の心がわからない。

些細な言葉の違いですれ違いが起こる。


その思いをひとつの心に持っていく。

そこには対立するものがいない。


お互いがお互いの心がすけて見える。


そこにいると、どっちも悪くないことが見える。

どっちもその思いの中で正しいと思うことを考えている。


誰も悪くない。。。

そう思った時、自分の罪も兄弟の罪も消えていく。





想像してみる。


もし体がなくて、兄弟と向かい合ったら、何が起こるだろう?

言葉はどうなるのだろう?


そう考えると、言葉はほとんど形のことを話していることに気がつく。

肉体というものがあるという前提で言葉があった。


肉体がないとき、怒りはどうして起こるだろう?


。。。。


考えてみると、怒るきっかけがない。


怒るのは、自分を傷つけられた!という思いからくる。

これ、肉体があるという前提からきている。


心が傷ついたっていう思いも、その前提に「私は肉体だ」という思いから、

心まで傷つくことになる。

ということは、肉体がないと、怒ることができない。


悲しみは?

悲しみもまた、一人ぼっちという思いからくる。

これも肉体ありきだ。


恐れは?

そう、これも肉体を破壊されるという恐れからくる。

全ては肉体ありきから来る苦しみだ。


そしてこの肉体がないという前提で、兄弟と向き合ったなら、、、。


つまり形のない考えとは何か。

形がともなわない言葉とは何か?

そんなものあるのか?

あっても限られたものではないだろうか。


そんなことを考えていた矢先、この言葉と出会う。


『彼らの言語に言葉はない。彼らの知識は直に理解され、完全に共有され、完全に一なるものである』

ワークブック、レッスン129、4段落目


彼らの言語に言葉はない。

言語に言葉はいらないのだ。

直に理解され、完全に共有され、、、。

つまりコミュニケーションに言葉はいらないと。。。


言葉とはこの分離の世界のものだ。

バベルの塔の物語を思い出した。



この世界に私の望むものはない。

そこから先に進むとき、

言葉はまったく役に立たなくなり、

言葉では語られなくても、確実に理解される沈黙に入っていく。


この世界を超えたところに、私の望む世界がある。



絵:MF新書表紙イラスト