2017年8月20日日曜日

自分へのイメージ/土塊と口うるさい女の子


やまんばの中に、自分へのあるイメージがあった。

二つの存在。
ひとつは、顔のないジャミラみたいなおおきな土のかたまり。
もうひとつは、赤いスカートをはいた女の子。

「私」は、土のかたまりのほう。
女の子は「私」の先生、物知り、指導者、ご意見番的な存在。


自分は土のかたまりでできたでくのぼう。なーんもできない存在。目も口も鼻もなくて、ただぼーっと佇んでいるだけの存在。

その存在の肩に座っている女の子は、赤いつりスカートをはき、赤い靴を履き、目は大きくちょっとつり上がっている。ムーミンに出て来るミーみたいな、口うるさい存在。

彼女はこの世のルールをよく知っていて、このでくのぼうに、ああしろ、こうしろ、あれじゃダメだ、これもダメだ、だいたいあんたはねえ~、といい、あげくの果てに、この能無し!と言い放つ。

でくのぼうの私は、その子の言うことをよく聞いた。そうじゃないと、この世についていかれないからだ。そうやっていつもその女の子に意見を聞き、お伺いを立てながら、ビクビクと生きて来た。

そう、そうやってずーっと、大人になってもその子の言うことを聞きつづけた。

ある日、その子の言うことが矛盾していることに気がつく。
AをBにしろ、というので、Bにしたら、今度はAにしろという。。。
おかしいな。。。とおもいはじめる。
その子の言葉は私にとって絶対だった。その声を聞くことが、この世を生きる術なのだと。しかしそのとき、それはほんとに、そう。。。?と。




そして、いろんな本を読んでいくうちに、その女の子は、私のマインド、思考そのものだったことに気づく。
そしてその土塊でできたでくのぼうは、その女の子(つまりマインド)が作りあげたイメージだったのだ。

本当の私は、土で固められた身動きの取れない何もできない小さな存在でもなく、限定された収縮した存在でもなく、どこにもない、そしてどこにでも偏在している存在であった。



この世に生まれて来て、やまんばは、その女の子を必要としたのだろう。
この世でしっかり頑張って生きなきゃダメなのよ!そのためのルールを教えてあげる!と教える側と、それを教えてもらう側の、コインのウラと表を作りあげたのだ。

それにずーーっと振り回され続けて来た。
その女の子の存在に。その言葉に。その怒りに。その葛藤に。。。


今は、その子はかわいい存在となった。
以前は大きな声で訴えて来たが、今はたまに耳元で囁く程度。それもただ聞いているだけで、やがて消えていく。
でくのぼうだと思っていた土塊も、いつのまにか消えている。

それをイメージとしてこの世に表してみた。
なんかふしぎな感覚。






2017年8月15日火曜日

雨が降る理由


そぼ降る雨の中、盆踊り会場でだれかがつぶやく。
「雨、やまないねえ。。オレ、なんか悪いことしたかなあ~。。?」

それに反応して、横にいた人が答える。
「まったく!何も悪いことしてないのに、なんで雨ばっかり降るの!?」

するとそれを聞いていた親分が、
「イヤイヤ。きっと誰かが、なーんか悪いことしてるんだよ。。」
と、にやりとした。
一同が納得をする。



やまんばはそれを聞いてにやりとする。
雨が降ることと、悪いことすることは、なんもかんけーないのに、心はそれを結びつけちゃう。

1:盆踊りをするのに雨が降ること=悪いこと
2:悪い事が起こる=バチが当たった
3:バチが当たる理由=悪いことをしたから

↑あたまの中がこーゆー構図になっている。

するとあたまの中は、ひとり劇場が始まる。
「悪いこと、よくないこと、、、なんかあったっけ?
ああ、そうだ。あのとき私があれをしたから、あれがよくなかったのかな?
それで今日お祭りなのに、雨がふるって言うバチが当たったのかな?
イヤイヤ。なんであたしだけが悪いのよ。だいたいあいつがあんなこと言うから、ムカついただけよ!それにしっぺ返ししただけじゃないの!なんで神さまはこうもわたしにいじわるなの!?」
雨は降り続けるわ、あたまの中はムカつくわ、もう、イヤイヤ状態が炸裂~~~っ!



別に雨が降ることに、いいも悪いもない。
人は勝手ないきもんで、雨が降らないと文句を言い、雨が降ると文句を言う。
やまんばも畑に雨が降らないと、降ってくれないかなあ~と願い、降り続けると、もういいよ~と、文句をたれる。

「人はおこる出来事に原因を探す」
これは先日お会いしたタクさんの言葉。

「タクさんレンタル企画」で、高尾山のふもとにまでわざわざお越し頂いたのだ。むずかしー非二元のお話を、軽いタッチで笑わせながら、新たな方向から気づかせていくブログを毎日お書きになる。やっぱり難しいんだけど、何だか後からじんわり来る、不思議なブログ。やまんばは毎日読ませていただいている。どんなお方かドキドキして待っていたが、実際お会いすると、笑うと口元にちらっとえくぼが見える素敵な方だった。


まさに人は雨が降るという単なる出来事に、原因を探している。
なんで雨が降るのだ?と。

これ、状況が違うと原因なんか探さない。

待ちに待った雨が畑に降ると、「なんで雨が降るのだ?」とはおもわない。
「わーい、降った降ったあーーーっ!」と、よろこんでおしまいw
たまに「なんで雨が降ったのだ?そうか。私の日頃の行いが良かったのだ!」とか言っちゃうけどw

そんなもんで、人は出来事に対して文句があるほどに、その原因を探し求める。
それは生存本能が、悪いことを回避しようとすることから起こっているのだろうが、そもそも生死に関わる出来事など日常ほとんどない。雨が降ることは、死にいたる話ではないにもかかわらず、風が吹けば桶屋が儲かる的な発想で、すべてを深刻にとらえるため、思考は必死でその原因を探す。原因さえつかめば、もう悪い状況はやって来ないのだ!と、架空の安心を求める。

こーして「悪いことをしなければ、雨が降らない」という法則を作り上げるのだ。(ややこしーなーもう)

やまんばは、人が作る勝手な法則のしっぽをつかんじゃったので、おこる出来事に反応しなくなって来た。

雨が降った。
ですよね~。で、ハイ終わり。



追伸:

タクさんの今日のブログは、まさにそういうことを指し示している。
人は起こった出来事に自分を参加させようとしているんじゃないだろうか。
なにがなんでも法則を見出すのは、そこに自分がいる!という実感をほしがっている。
それはほっといたら、すーっと消えていく自分というものを、だめだめだめ!って、グッとつかんではなさないってことじゃね?
わしらは必死で「自分」であろうとしているんかもね。



「桶狭間は晴れ、のち豪雨でしょう」MF新書/表紙イラスト

2017年8月14日月曜日

響きとしてのご神事

お祭りあとのほこら

町内会の(といってもほとんど「村」)夏のご神事がやって来た。

午前中は村にある若宮八幡宮のちいさなほこらをお祭りする。お米や、ダイコン、鏡餅、鯛、お神酒などの供物や榊を捧げ、神主さんを呼んで祝詞をあげてもらう。

小さな石でできた素朴なほこらは、しめ縄とシデも新たに、年に二度ういういしい姿になる。夏のご神事と新年のご神事だ。

神社入り口

一度日本を離れて日本の美しさを知ったわたしにとって、この小さなほこらは宝石のように輝いてみえる。

そのむかし神道に凝ったことがあって、しきたりのひとつひとつの意味を知り、感銘を受けたものだった。時がたって宗教的マイブームは去り、一時的にご神事にも行かなくなった。
しかし再び足を運ぶようになった今、むかしとは違う受け取り方をしている。

むかしは祝詞の言葉の意味を求めていたが、今は音そのものを楽しむ。
神主さんが発する「おおおおおお~~~~~~」という音の響き。
祝詞の言葉の、太古のにおいがする響き。
さーっ、さーっ、と、榊でお祓いをする音。
ときどきほこらの後ろを通り抜ける電車の音。
蝉の声。
人々の存在する音。

樹々が、山が、聞き耳を立てて、そのすべての音を聴いている。空気が振動する。

ほこらから見える風景。高尾山の山並み

色を楽しむ。樹々の緑。しでの白。大地や幹の茶色。神主さんの鮮やかな衣装。水色、黄緑、濃い紫。真っ白い足袋。紫の鼻緒。

感覚を味わう。むっとする湿度。ふいにふく風。

その瞬間に私は同調する。それを全身で味わう。
村の人々がそこにいるのに、いないかのように静まり返り、その一瞬の中に人々は溶ける。

神道という形は、日本人の存在にピッタリ来る。
そこには人間対神でも、上下関係でもない、自然も人間も神も、そのすべてが一体となる瞬間を演出しているかのよう。。。。


「本日は、おめでとうございます」

ご神事が終わり、神主さんの最後の一言で、村の人たちは各々の意識にもどっていった。


2017年8月10日木曜日

「これ」っていったいなんや。



「これがあるだけ。」

なんのこっちゃ。

今目の前にある、パソコン、扇風機、目の前に見える世界。
これしかない。とのこと。

外から聞こえる鳥の声。じつはそこに鳥がいるわけではなく、鳥かどーかも分らん音が「聞こえている」だけ。

パソコンって言う物質があるんじゃなくて、パソコンのよーに見える映像があるのを見ている、、、、じゃなくて、網膜に写っているものを見ている。

ほんとは「見ている」のかどーかもわからん。
ほんとは耳に聞こえているのかもわからんし、キーボードを叩いているよーな気になっているだけなんかもしれん。

そーなると、だいたい他人とゆーもんはいるんか?
単なる網膜に写っているもんを「見ている」だけなんちゃうか?

と、ゆーよーなことをいってるのか?「これ」って。

しかもそれに原因と結果などというよーなものもなく、ただ刻一刻と変化している映像なり音なりを、勝手に解釈して、これがそーなったら、あーなる、とゆーふーに、「わたし」が作りあげて(妄想して)いるだけなんか?


なにもせずに、ただぼーっとしている。
なのにどんどん目の前の映像は変化して行く。
それに参加しなきゃ!と思うと、思わないとに係わらず、勝手にどんどん変化する。

「これ」っていったいなんや。
「わたし」っていったいなんや。


「腹だけ痩せる技術」MF新書/表紙イラスト





2017年8月6日日曜日

最近の和紙の作品たち



「飛び石」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
いつもながめている庭に飛び石がある。
夏の午後、その石をテーブルにして、コーヒーやビールを飲む時間が好きだ。
草たちが自身の姿を誇るように、石の上をはう。
一瞬、飛び石が舞台になり、草たちがその上で踊っているようにみえた。





「紫色の木」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
アスファルトの道から、一歩森の中に入ると、
すっと涼しい風がほほをなでる。
杉林に入ると、また一段と温度が下がる。
その青い空気感を作品に。




「ホタルブクロとドクダミ」
和紙、オイルパステル、水彩、色鉛筆
どちらも地味で花屋の店先にはけして並ばない花。
だけどすごく個性的。
野の花には、こういう個性的なものが多い。
それを和紙で挑戦してみる。
和紙は何でも味わい深くする。




「ドクダミ」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
我が家の玄関口に今年はいっぱい咲いたドクダミの花。
名前だけ聞くと、ドキッとするような響きだが、
この花をひそかに愛する人は多い。
葉っぱといい、花といい、すべてはキュンとするようなカタチをしている。
しかしいったん手に取ると、独特のにおいが。。。
このコントラストを表現してみたかった。







「夏」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
和紙はいろんな表情を見せる。
強烈に薄い和紙、強烈に分厚い和紙、
透明で、不透明で、その表現は縦横無尽。
私はそれをカッターで切り、ちぎり、その効果をためす。




「春」
和紙、洋紙、オイルパステル
一本の木で春を表現できないかとおもった。
架空の木。山が笑ふように、木もまた笑ふ。




「針葉樹」
和紙、洋紙、オイルパステル、水彩
家の前には、スギとヒノキの林がある。
針葉樹はどこかつっけんどんだけど、
心の中はあったかい、だれかさんのよう。
それをイメージしながら、思うがままに色を置いてみた。





2017年8月3日木曜日

感情を見る2


怒っている自分に気がつくと、私はその場で静かに自分を観照する。仕事をしている時はその仕事をしている最中に、手が空けられる時は椅子に座って静かにみる。

「今、どんな感じ?」
と自分に聞く。
「今、どんな感じが身体にある?」

頭のエアー演説には耳を傾けない。言葉に解決法は見出せないからだ。むしろ頭を通さないほうが、なぜか解決されて行く。身体の感覚に焦点を当てると、自然と言葉が消えていく。全身で自分の怒りを見るのだ。

一番最初に意識化された「怒りおどり」はここに書いた。

怒りの感情を全面的に受容することで、それが溶解して行く経験をしたあと、その現象が面白くなって、自分がネガティブな感情になるたびに、それを見るという実験を繰り返した。

そういう過程で、自分がどうして感情的になっているのか、どんな観念が元になっているのかが明確になって行く。自分がわけもなくそわそわしたり、何かに突き動かされるようにして動くその衝動も、理解とともに消えはじめる。そして一回そのことを理解すると、もうその同じ状況で同じ感情はあらわれにくくなる。何かが消化されているようなのだ。

最初ははっきりとした感情、今の日常生活の中で味わう感情。しかしそれがだんだんと、幼児期のころの感情を呼び起こしはじめた。幼いころ味わった哀しみや苦しみや怒り。ずっと押し入れの奥深くに隠しておいたのだろう。それが出始める。

正直いってこれが一番きつい。
この世に生まれて間もなく知る、無慈悲なまでの人間界のルールや出来事。それに出くわした時の、心の整理など自分でできるわけもなく、ましてやそれに気がつく親もそうはいない。何のフォローもないまま、「それはそういうものだ。。」と、いい聞かせながら、子供は成長し、その押し殺された感情は、深い深い井戸の底に置いておかれる。
それがだんだん浮上してくるのだ。

だがそれも受け取られはじめる。
ただ見るということが、何かを動かし、何かを整理し、何かに変容して行く。たったこれだけのことが、いかにすごい叡智なのか。。。私たちが作った「言葉」などではけして解決などできないのだと実感する。

やがて意味のわからない怒りがやってきたとき、これは人類がもつ集合的な怒りの塊なのではないか?とさえおもった。

そしてだんだんと繊細な感情の領域に入って行く。
これは何?このむずむずざわざわした感情は何?怒りなの?哀しみなの?一体何?という感情の領域に入りはじめる。
それでもそれを味わうことをつづけている。


その先に何があるのかはわからない。しかし自分が穏やかになって行くのに気がつく。
あれもこれも気になっていたものが、気にならなくなって行く。
自分の中に何かでパンパンに埋まっていたものが、すかんすかんになっていく。

私という個別の存在が、そこらへんにあるものと、まざっていく。
自分というからだは、はっきりとした輪郭を持つ個としての物質というよりは、イワシの大群みたいな、あいまいなものになっていく。


これ、どこかで感じてたもの。。。
そうや。。子供のころの感覚や。。。



感情を見る



「私がいる」という感覚が、前とすこしちがってきている。

それは自分の感情をみるということをしていることと関係があるように思える。

それまでの私は、受け取りたい感情と、受け取りたくない感情をもっていた。
嬉しい、楽しい感情は、受け取りたいが、怒り、哀しみ、嫉妬、不安などの感情は、受け取りたくないし、見たくも、またその感情を持つ自分をも認めたくもなかった。

だが意識的にその感情たちを見ることによって、何かが溶解して行くのを感じたのだ。

それは何かの方法を使って「消し去る」ことではなく、ただ見る。ただその感情の中にいて、とどまる、味わう。そういうことをしているだけ。

消し去ることは、どこか抵抗がある。これはいやな感情だから、なんとかして消そう消そうとする意図が見える。だが、ただその中にいることは、抵抗ではなく受容なのだ。



わたしは感情的になると、自分を怒らせた相手を責めた。自分がいかに「正しく」怒っているかを心の中でエアー演説をぶちかました。

これをよく見て行くと、怒っている自分に罪悪感を感じるため、それを正当化するために使っているのだと気づく。自分の心の中が、言葉だらけになっていた。怒りを言葉でゴマカしていたのだ。

それは怒りを見ないようにするために、言葉で自分を納得させたり、怒りの気分を変えようとしていたのだ。

ところがエアー演説は、ふくらむばかり。小さくなるどころか、かえって巨大化する。だけど人の生活とはよくしたもので、いきなり別の出来事がおこり、その怒りを忘れて行く。
そうやって、わたしの怒りは解決されないまま、押し入れの中に放置された。





人が怒りを感じるのは、何かがきっかけで出て来る。何もおこらなくて、いきなり怒る人はいない。そしてその怒りの発火点は、人によって微妙に違う。

だから自分がいつも怒っているものに焦点を当ててみるといいかも知れない。たいてい似たようなことがらにでくわして、いつも同じパターンで怒っている。

この現象は、その人それぞれにある種の気づきを与えるために起こっているのではないか?




つづく。