2018年2月12日月曜日

探求の衝動


気がつくと、ネットサーフィンしていた。

さんざん見て来た非二元の動画をまた見返している。
どこかに新たな考えをもったお人がいないか。

これも見た、
このひとも知ってる、
このひとはちょっといやだ、
このひとはここまでしかわかってない、
もっと、なにか、すとんと落ちるようなことを言ってくれる人は。。?

あ。。
クリックし続ける手が止まった。
何探しているんだろう。。
そのとき、ある動画の女性が言った。

「じっとしていられないのよ。
今ここに、ただいることがとっても居心地が悪いの。
常に、次へ次へと行こうとしている衝動があるの」

それ、わたしじゃーん。

だからクリックし続ける。
次の何か、次の発見をさがして。

これが無意味なことは百も承知だ。
外には探すものなどないと知識ですでに知っている。
外に答えなどない。

マウスをもった手をそっと離す。カラダが何かを探して振動しているのを感じる。
椅子から立ち上がり、キッチンでインスタントコーヒーを入れた。
裸足で庭に出て、石の上に座る。
目の前にある一枚の木の葉っぱを見た。

だめだ。
じっと見てられない。
カラダはじっとしていられない。目を一点に集中させることも出来ない。
探している。次の何かを。。。

地面に視線を落とし、全身を感じる。胸のあたりがざわざわする。
く、、、、苦痛だ。。。
それでもじっとその苦痛の中にいた。


ふと、これもエネルギーなのではないか?と気づく。
エネルギーが揺らめいている。エネルギーが波打っている。

それを私は、「衝動」ととらえた。
それを私は、「探求」ととらえた。

自我はあらゆるものに「名前」をつけた。
このエネルギーは「怒り」
このエネルギーは「悲しみ」
このエネルギーは「恐怖」
このエネルギーは「コーヒー」
このエネルギーは「椅子」
このエネルギーは「パソコン」
このエネルギーは「人間」。。。

そして、今のこのエネルギーの波に、
「探求の衝動」と名付けたのだ。。。

それに気づくと、その「衝動」は一気に冷めた。
さっきまであった落ち着かなさは消えた。
目の前の一枚の葉っぱを、静かに見ていられる私がいた。



「Mayhem & Mass」ミステリーシリーズ表紙イラスト



2018年2月10日土曜日

うほ♥



ふと「○○をやってみたい」と浮かぶ。

「うほ♥」と、心がウキッとする。
未来に起こることにドキドキワクワクする。

んが。
その直後、それとは正反対の言葉があふれてくる。
「それやって、どーするの」
「またあんなことになるんじゃないの」
「それ、意味なくね?」

とたんに、浮かんだことが、膨らんだ風船の栓をぬくように、しゅるしゅるしゅる~~~っとしぼんでいく。

過去起こったかなしー出来事が走馬灯のように一瞬で広がる。

「そうだそうだ。ジェッタイそうだ。何考えたんだろ。あほじゃね?あたし」
「あーバカバカし。さっさとやること終らせよ」
といって、またいつもの変わらぬ日常にもどる。

こういうあたまの中のやりとりが日常的に起こっている。



若いときは経験がないので、やりたいと思ったことをすぐ実行した。
しかし段々経験が増えていくと、「経験」という場所から判断やジャッジが始まって、インスピレーションは、ただの「妄想」に片付けられていく。


自我は過去を追いかける。
「今度はティラノザウルスにおそわれないよーに、身を隠すのだ」
という肉体的に傷つくリアルな肉体的保持のために利用できる道具だ。

と同時に、心が傷つくというものにまで肉体保持をしようとする。
どうも自我は肉体的に傷がつく体験と、心が傷つく体験の区別がつかないらしい。どっちもリアルな体験として保護をしようとするようだ。


であるから、何か新しいことをしようとすると、過去の経験を持ち出し、
「それはあぶない」といってくるのだ。

新しいことは未知だ。過去の経験が通用しない。
なのに過去の経験を引っ張り出して来て、最悪の状態を思い起こさせ、未知の中に入っていくことをとどめようとする。

年がいけばいくほど、未知に入りたがらないのはそこだ。経験がいっぱいあるからだ。自分自身の経験、他人から聞いた経験、メディアが教えてくれる経験。

そうやっていつもの場所におさまりたがる。
「あ~~、いつものここで、あ~んしん♥」と。



だが、どこかで沸々と心が騒ぐ。
「ここじゃないどこか。。。」
「なにかが欠けている感覚。。。」
「あるべき姿。。。」


ある時ふと浮かぶ、今までになかったインスピレーション。
「あ!うほ♥」とワクワク。

その直後、自我は言う。
「それ、意味なくね?」

「ああ、そうやそうや。やってなんになる?」
と過去の失敗を思いだす。

で、「あ~やっぱ、ここで、あーんしん♥」
と、ほっこりする。

の、繰り返し。



そういう心の繰り返しに気がつくのはおもしろい。
そうやって、心があっちゃこっちゃしているのに気がつくのはおもしろい。
その時、あなたは無意識の自動反応の中にない。
否定もせず、ただ見ている。

そのときあなたは、外にいる。







2018年2月6日火曜日

「それがある」と意識した時から、それがある。


「それがある」
と意識したときから、それはある。

先日畑からの帰り、雪の重みで倒れた竹の枝が額に引っかかった。
「いて」と思ったが、まったく忘れていた。


ある日、トイレの鏡で、自分の額に一本の赤い筋が入っているのを発見。
「あ。あんときの竹の枝で引っ掻いたんだ。。」
と気がついた。

それからすぐに、
「なにそれ!どうしたん!?」とか、
「えらい傷があるけど、猫でもいるんですか!?」
と、皆ビックリしながら言ってくる。

自分でみえないから、傷の自覚なし。
化粧もしないし、クリームも塗らないので、鏡を見る習慣がない。
だから自分の顔がどうなっているのか、2、3日まったく知らなかった。

おもしろいなあとおもう。
それまでだーれもその傷に気がつかなかった。
トイレで私自身がそれに気がつくまで。

「私の額には傷がある」
と意識した瞬間から、それは存在し、皆に見つけられるのだ。

2018年2月5日月曜日

恐怖はこの世をリアルにする


恐怖って、この世をめちゃくちゃリアルにするんです。

先日、雪の降る日にダンナと都心に出る予定があった。その日は飲んべの日なので楽しいはずが、ある一点だけ気がかりなことが。。。
ダンナは車で都心に出ようとしていた。ノーマルタイヤで。

「状況を見て、その時決めよう」
と言う話しだったが、当日雪はどんどん降り続いた。

「こりゃ、絶対車じゃ無理だな」とおもいつつも、
「でも。。。あいつのことだから、無理やりにでも車で行こうとするかもしれない。。。」
と思いはじめたら、恐怖が止まらなくなった。


日頃の非二元訓練(どんな訓練や)で、鍛えているはずの私。
恐怖のひとつや二つ、軽く乗りこなせるはず。。。。

恐怖を感じている自分にオッケーを出す。
「おお、怖いんだね。怖いって思ってるんだねー。いいよー」
すると、
「ハイ。おっしゃるとおり怖がってます。では、また怖がることにします」
と、また恐怖が襲ってくる。

いかんいかん。
そうだ。これは未来のことばかりを考えているぞ。
今だ!今にあればいーんだ。
「今!今!今~!」
と、頭で言い続ける。
そればかり言い続けて疲れてくると、
今度は高速道路でスリップして横転するイメージ、他の車に激突するイメージ、なぜか私だけ死んでしまうイメージなど、怒濤のようにイメージが襲ってくる!

ギャーーーっ!恐怖がとまんなーい!!!

カラダはメチャクチャ忙しく動き回っているのに、頭だけがまったくちがうことで恐怖を感じ暴走している。
カラダも心もヘロヘロになった。

雪道に足をとられながら歩いていると、
「あ。。。恐怖って、この世をリアルにするんだ。。。」
と、気がついた。

何の問題もないと、人は何となくほわ~んと生きてる。
ところが問題を見つけると、いきなりこの世はガッチガチにリアル感満載になるのだ。

ダンナと自分というはっきりとした分離が生まれ、車と高速道路という分離が生まれ、生と死という分離が生まれ、物質が確固とした物質としてリアルに立ち上がり、イメージまで膨らませて、臨場感ターップリになるのだ。


家に帰り着くと、車のやねに10センチほど雪が積もっていた。
「ムリムリ」と言いながら、家に入る。
ヘロヘロなカラダをコタツに滑り込ませて30分ほど寝る。

目が覚めると、なぜか作業着に着替えて、スコップをもって外に出る。
「いやいや。何やってんねん。私」
と、心は言う。
心とは裏腹に、スコップで車のまわりの雪かきをはじめた。

30分ほどで、まわりの雪かき終了。
家に入りながら、車の屋根の雪を見つける。
「いやいや。これやったら、本気で車で行くことになっちゃうでしょー」
と、ひとりツッコミをしながら、家に入る。
ヘロヘロがますますヘロヘロになって、コタツに滑り込む。


ところが、ダンナが帰るちょい前に、カラダは勝手にコタツから這い出て、倉庫からほうきを持ち出し、ちゃんちゃんこのままで、屋根の雪下ろしをしはじめる始末。。。

またコタツでカタツムリしていると、ダンナが帰って来た。

「どーすんの?」
「車で行くさー」
「はあ。。そーですか。。」

そのまま車に乗って都心に向かう。
なーんの問題もなく、スイスイ。
都心に雪などなかった。

そしてとーっても楽しい飲んべの時間を過ごし、スイスイ帰ってきましたとさ。
ちゃんちゃん。


って、あのものすごい恐怖感は、いったいなんだったんだあ~~~!

「はい。リア充、感じさせていただきました」


「カリスマ社長の大失敗」/MF新書表紙イラスト

2018年1月31日水曜日

はーるよこい。


大雪ふってから、畑にはしばらく顔出してなかった(飲み屋か)。

畑に向かう北の斜面がいつも吹きだまりになってて残り雪もすごいので、シャベルをもって出かける。

「どこいくんでい」
「畑」
「雪残ってるんかあ?」
「わからん」

道すがら、隣の町会長さんや、宅急便のお兄さんから声をかけられる。
おばさんがショベルをもって、道を歩いてるのが不思議なんか。

それにしても、シャベルなんか、ショベルなんか、よおわからん。スコップとも言うらしい。
名前ってのはほんとに面倒くさい。

まあいいや。
んで、畑に行くと、思ったほど雪は残っていなかった。

ウチの農法は、この時期何もすることがない(と、勝ってに思っているだけだが)。普通は石灰をまいたり、耕したり、春の種蒔きのためにあらかじめ肥料を仕込んで準備をするらしい。

そういう作業は全部すっとばかすのが、やまんば流。
これからろーじん大国突入。何事も楽にできる方法を探すに限る。

やまんば流は、種蒔きする時にちょこっとホックリ返して、種ぱらぱら、ハイおしまい。追肥などもしない、成長途中で手をかけたりもしない。あとは種さんが勝手に気のむくまま芽を出し、気のむくまま大きくなったりならなかったり(笑)してくれる「種さんの気分次第」な農法なのであーる。

もっともやまんばは、最初はそれなりに計画性をもって望んでいたのであった。しかし、長年この畑と関わるうちに、計画性とは、とても人間的なものなのだなとおもいはじめる。

というのも、人の計画無視して野生動物は季節構わずやって来て畑を襲撃していくわ、季節は毎年同じようにやさしくやって来ないわ、植物は毎年同じように生えて来ないわで、とてもじゃないが人間様の計画通りには事は進んでくれぬと言うことをいろいろ痛感したのであった。

そもそも、毎年同じように事が進んでくれる上での計画ではないか。それこそ人間の机上の計画。。。。
こうあるべきをいつも裏切ってくれるのが人生。こうじゃないとこまる~~!というのを、スコーンと裏切ってくれるのが畑だった。

だったらこっちも無計画だ!と、気のむくまま動くことに方針を変えた。
人生の方も、もう無計画だ!と、気のむくまま動くことに方針を変えた。



菊芋を掘り起こしてると、枯れ草の中から去年仕込んでおいたオブジェがみえた。

ゴボウをラクチンに掘り起こせるナイスなシステム。
米10キロ用のビニール袋の上下に穴を開け、4本の支柱でそれを立たせ、その中に土を入れる。土が入った筒状のオブジェのてっぺんにゴボウの種を仕込み、ゴボウの根が出来た暁には、そのビニールをタテにシャーーーッと裂いて、土の下に埋もれたゴボウを根こそぎゲットするという画期的なシステムだった。

しかし種を間違えて、去年はうんともすんとも芽が出なかったのだ。それでそのオブジェはそのまんま放置されたまんまだった。

やまんばは、ビニール袋のてっぺんに生えた草をとりのぞき、去年そこらに勝手に生えて来たゴボウの種を新たに仕込んだ。
今ゴボウの種蒔きする時期ではないが、蒔いてはいけない法律はない。自然界は勝手に好きな時に芽を出す。その力にまかせた。
ゴボウさんも気がむきゃ、育ってくれるだろう。

作業のあと、畑で大の字になって寝る。
もちろん長靴はぬいでアーシング。
青い空が春がくるのを告げていた。


2018年1月27日土曜日

勝手に浮かぶもの


人生は、自分の思うようにいかない。
ホントに。

こうあってほしいのに、そうならないことがおお過ぎる。
てか、それしかないんちゃうか?ってなぐらい、裏切ってくれる。

それで疲れていると、そもそもの、なんでこうあってほしいのかな?っておもう。
それ、考えたことでしょ?

考えって、自分で考えた?
自分で考えたっておもってるから、そうなってほしがっている。

しかしほんとに「自分」で考えたんなら、その考えをコントロールできるはずだ。自分で考え出したんだもの。

だけどじーっとその考えの様子を見ていると、どうも「自分」で「考え出した」んじゃないな。。。。と、気がつきはじめる。

勝手に浮かんでいる。。。
が、正解なような気がしてくる。

だって、考えを消そう!としても、ものの5秒ももたないんだもん。

わしらは、「勝手に浮かんでくる考え(言葉)」に、ふりまわされている。




目の前を飛んでいく鳥をみる。
ただ鳥が飛んだだけだ。気にもしない。
だけどカラスが飛んだら、どっかがざわつく。
目の前を天狗が飛んだら、ざわつくどころじゃない。おおさわぎだ。

これがわしらが頭の中でやっていることかもしれない。

布団の中で、
「ちゅうちゅうたこかいな」
って浮かんでも、気にしない。(別な意味で気にするかw)

けど、「このままでいいのか?」
ってことばがうかぶと、いきなりがばっとおきあがり、
「そうだ!そうだ!このままじゃいけない!」
と、あせりだす。

単なる言葉だ。
単なる音だ。

だけど、ものすごく反応する。
これ、コントロールしてる?
どっちかっちゅーと、コントロールされてね?

ちゅうちゅうたこかいなって、音も、
このままでいいのか?って音も、
どこからともなくやって来る。

どこからともなくやってくる音に、ふりまわされてんのは、あんただよ(笑)。

まいどまいどやってくる同じフレーズの言葉を間に受けて苦しんでいるだけなのかもしれない。

一度、頭に浮かぶものを疑ってみるてはある。

そして疑っていくうちに、鳥も天狗も、目の前を通り過ぎるだけになってくる。


心に浮かぶものも、外にあるものになってくる。
それにともなう感情も、外を流れる雲になってくる。









2018年1月21日日曜日

認めてもらうこと


私たちは、私たち自身をなかなか受け入れることが出来ない。

自分を受け入れるというのは、どこか傲慢でおごり高ぶった人間、というふうな印象がある。
だから自分を認めるなんて、お尻がむずむずするような居心地の悪さを感じてしまう。

そして他人に「いいね」とほめられると、
「いやいや。わたしなんかまだまだ。。。」
と答えるというのが謙遜、美徳とされる。

そういうものが土台にあるので、他人から認められる、ほめられることがよいとされている。


ところがこれには落とし穴がある。
自分自身の評価を、他人にゆだねるのだ。

ここにいていいと、自分で自分を認めるのではなく、他人に、そこにいていいよと言われたがっている。(だから「いいね!」があるのか)

人に認められることで培って来た習慣のために、自分自身で自分を認められない。そして人に認めてもらうことを無意識に常にもとめる。


人はそれぞれ独自のものがそなわっている。
そのオリジナルな自分が、いつのまにか他人視線の自分にすり替わっていく。
こうすれば認めてくれるだろう、こうすればほめてもらえるはずだ。。。そうやって、だんだん人が認めてくれるであろうやり方に変わっていくのだ。

小さい時に、親のいうことを聞いた、お手伝いをした、よいことをした。そしてほめられた。
そういう記憶が少なからず入っている。
もちろんよいことをするのも親の言うことを聞くことも素晴らしい行為だ。そうやってこの世で生きていくルールを身につける。

だがたいていは、そのまま横滑りして大人になっても「人にほめてもらえるように生きる」ようになる。
こうすれば認められるはずだという期待をもとに。


ところが現実はそうは簡単にいかない。その期待通りには答えてもらえないのが大人の社会だ。
他人目線にあわせて行為したはずが、答えてもらえない葛藤。自分がここにいていいと言われないことへの焦燥感。そうやって苦しみが生まれる。

「こんなはずじゃないのに。。」
「なんだよ、ムシかよー。」
「君がよろこぶと思ってやったんだぜ。。。」

期待に答えてくれない相手にいかり始める。

もともとの行為が、自分がここにいていいと言われたいがための行為だった。それが受け入れられないとなると、やった意味がない!と怒り出す。

それは純粋にやりたかった行為なのか?
いいと言われたいがための「条件付き」の行為だったのではないか?


子供の頃、いいことをしてほめられた。
またほめられようと、いいことをしてみせたが、おかあさんはそのときほめてくれなかった。
その時の挫折感や悲しみが、記憶の中からよみがえる。
「いい子でいたのに!どうして!?」

その感情が大人になっても同じ条件下で浮上してくる。
それが怒りになって相手を射抜く。


これは自分が自分を認めていないからだ。意識しない限り、ずっと人に認められることでしか、自分が自分を認められないまんまだ。


現代人のほとんどがその状態といえる。
そんなことしゃべっている私も、その典型だった。
ほめられることで、一瞬ここにいていいんだ~という安堵感がおこるが、また次の瞬間から次にほめてもらうことを探しはじめる。その繰り返し。



それは他人に自分のパワーをあずけていることだった。
他人とは、架空の他人だ。架空の他人に「こうすれば認めてくれるはずだ」と信じて行為をしてきたが、ちっとも認めてくれない事実に葛藤を起こして来た。

怒り、悲しみ、挫折し、嫉妬し、ねたみ、孤独を感じ、悪口をいい、
最後には自分を消し去りたかった。

あるとき、これは自分のパワーを人にわたしていたんだ。。。と気がついた。わたされた相手が、強くなるのではない。強そうに見えていただけだった。


認められたいほめられたいということの、マイナスの要因がクリアに見えてくると、それをしている自分に気がつきはじめる。生活のいろんなシーンで、他人にパワーを与えている自分に気がつきはじめた。
ほめられたいという思いは、ほめてくれる他人に自分のパワーを与えてるのだ。


そうして私はすこしづつ、そのパワーを取り戻していった。
ほめられたい、認められたいという衝動に気がつき、そしてその衝動をそのまま受け取るということをした。

「ほめられたがっているんだね。そうなんだね。それでいいよ」と。

その衝動は、一瞬燃え盛るように起こるが、その感覚をとらえたままでいると、間もなく消えていった。


自分の内側で起こるあらゆる感情を見、それをそのまま受け取ることをしていくあいだに、だんだん自分にパワーが戻って来た。そして他人に認められることを必要としなくなってくる自分にも気がつきはじめた。

自分のありのままを受け取ることは、本当にありのままを受け取ることだ。いいことだけでなく、いやな部分、汚い部分、否定したくなるような部分、全部。そのまんま、受け取ること。
それが結果的に、自分自身を認めることになっていた。


自分のえげつない部分に気がついたとき呟いてみる。
「ほ~、そうきたかー。ええんだよ。それで」

その感情のまんまにほっておくと、やがて消えていく。
どうも宇宙はそうなっているようだ。
おためしあれ。