2019年2月18日月曜日

奇跡講座の赦しについて



奇跡講座を学んでいて思うことがある。

この学びはものすごーく独特である。徹底的に自我を崩壊させようとする、容赦ない学びであるが、その中でも突出して鍵になるものがある。
それが赦しというものである。


この赦しとは、奇跡講座独特の考え方で、一般的な許しとは一線を画する。
許しとは、あいてが気に入らないことをしたことに対して、寛大な気持ちで
「このやろう、やったな。しかしこーみえて私は心が広い!であるからして、許してやろう!」
という態度でのぞむのが一般的な許し。

ここで漢字がちがうことに注目していただきたい。
「許し」と「赦し」おなじ音の「ゆるし」でも、この二つはちがう。


こっちの許しは、「行為が起こったこと」であるという前提だ。

え?なになに?そりゃ、起こったでしょ。
起こったから、わたし怒ってるんでしょ!
見たんやぞ!今目の前でやったのを見たんやぞ!
それは決して訂正できるもんではないぞ!
そやけど、その罪に対して寛大な処置をしてやろうじゃないの。
なんて太っ腹なんだ、あたし!

この崇高な行為は、正直、ちとやせがまんなところがある。



もうひとつの赦しは、これとは全然違うアプローチをする。
「え?やった?やってないよ。ウン。君はじつはなんにもやってない。
ってことは、怒る必要がないじゃないか。だから赦すよ!」

奇跡講座の根本概念は「世界はない」というもの。
ほら、よく悟った人が「この世はマーヤである」とか「この世は夢である」とかいうじゃない。あれあれ。あれを地で行くのね。(軽く言いやがったな)


この世は夢なので、実在していない。
だからあんたが私にやったことも、実在してない。
だから赦すも赦さないもないんだけど、まだ私らは自我のど真ん中にいるから、赦しという夢の中にある道具を使って、この世があると信じている心を解凍させていくのさ。


自我そのものである私たちは、赦しという解凍道具を使う。
しかしそれが解凍され消すのは、私ら自我の役目じゃないらしい。
こっから先は、神さまとか聖霊にお任せする。

自分で「赦す!」と宣言して、後は彼らにおまかせ。
どんだけ他力本願なのじゃ!と思うけど、なんでも出来るはずって思わされたからねー。
「やれば出来る子YDK!」って。
けど、出来んこともあるのじゃ。



そうやって、赦し全開でこの世を解凍していこうとするのだけれど、なかなかどうして、この世は手ごわい。

やったあいてを目の前に見て、指を振って
「やってないよ。うん。じぇんじぇーんやってないっ!」
って言ってみても、そうは思えない。
それでどんどん苦しくなってくる。


そこで奇跡講座に出会う前にやっていた、自分の感情を見つめるという自我の観察が生かされた。
自分を怒らす対象を見て、「これは夢なのだ。赦そう」と言い聞かせても、そうは思えない。
けれども自分に起こる出来事は、自分の中にある観念に気づくためだということにもとづいて考えると、目の前にいる人を消すことよりも、自分の感情にフォーカスするのだ。

怒りなどがあると、人は必ず自分の中で自分を正当化しようとエアー演説をする。そのときあたまの中は言葉だらけになって爆走しているはずだ(笑)。

その言葉の爆走にノってしまえば、いつものことになる。
そこでそのエアー演説をただ聞き、ほっておく。そして観察の対象をからだに向ける。今、何を感じてる?どんな感じがする?と。

いつのまにか、演説は消えている。フォーカスがからだに移行しているからだ。微細なからだの変化を見るだろう。その観察の最中に自分の中にある観念に気づくこともあれば、過去の出来事を思いだすこともある、そんなことにフォーカスしているあいだに、きっと最初の怒りはどこかにほっておかれているはずだ。

そうなると、赦しもかなり楽になる。何も起こってない、何もやってないこととして、宣言する。そしてまた、それに対して怒りを覚えた自分さえも赦すのだ。
あとは勝手に神さまがうまいことやってくれる。

私たちは内側にあふれている自我の暴れにふりまわされている。まずはそのことに気づくことからだろう。

空に浮かんだ雲。
雲はけして止まることがない。いつもその姿を変える。私たちの心もまた雲と同じようなもんだ。じーっと眺めていると、どんどん変化していく。どんよりの雲、大雨の雲、バニラスカイの雲。。。。
そのたくさん変化する雲を捕まえて、「これが私だ!」と言い続けている私たち。

ほんとは、その背景にある真っ青い空だ。
私たちの本質は何もないまっさらな空間。青い空。
いつもそこにある、常のもの。


2019年2月5日火曜日

時間は自我が作った



自我があるから、時間がある。
過去と未来は自我が作った。
怖れは、過去と未来にだけある。

だが実際は、「今」しか存在していない。
今は未知。過去は既知。
自我は目の前にあるものに即座に名前を付けて、この世界があるかのごとくみせる。
自我は未知を怖れる。なぜなら未知は自我にとって耐えられないエリアだから。

しかし今の瞬間の中に平安がある。
何一つ変化しない、動かない永遠だけがある。


動いていくもの、変化していくものが存在するという、その感覚の中に入っていくな。
その感覚を疑え。
知覚を疑え。

今ここに、過去と未来があるようみえるが、あたまの中だけだ。
過去はここに存在していないし、未来もここに存在していない。

地獄は過去と未来にある。
未来にやってくるであろう地獄を怖れて、私たちは自分の日々の行いに気づかう。まちがわないように、悪い道に踏み外さないようにと怖れる。

過去はすんだこと。
終わったことで、過去はやって来ない。

そして未来は来ない。
今まででも一度も来たことはない。

怖れているのは未来だ。
だが未来は決してやって来ない。
怖れを吹聴するのは自我だ。
決して来ないものを自我は怖れろと言う。

自我とは、私たちのあたまの中で、四六時中言葉を投げかけるアレだ。
ああしろ、こうしろ、ああするな、こうするなと言い続けるアレだ。

こうやって自我は私たちを牢獄に押し込める。
卑小になれ、弱きものになれ、と。
来もしないものを、やがて来る来る来る来ると言い続けて。

未来は、決して来ない。
いつも今しかない。

自我が訴えるトリックに気づけ。



2019年2月1日金曜日

映画「HEAL/奇跡の治癒力」を観た



「HEAL/奇跡の治癒力」という映画を観た。
心がからだにどれだけの影響を与えているかについての映画だ。

心がからだにどれだけの影響。。。
というか、心そのものがすべてに影響を与えている。見るもの聞くもの触れるものすべて。この世界すべて。

ストレスが病気を作ると言われて久しい。映画もそれについて畳み掛けるように話していた。そして医者の言葉がどれだけ人々にマイナスの影響を与えているかも。




それについて思いだしたことがあった。これはあとから義母に聞いた話だ。
去年、父は病院から送られて来た多数の書類の中に、気になる書類を見つけた。
そこには「余命3ヶ月」と書かれてあった。患者にそんなことを書いた書類など渡すはずがない。病院側のミスでまちがってその書類が紛れ込んだようだ。

その時から父はがぜん身の回りの具体的な処理をし始めた。墓の中の祖先の骨の整理、自分が死んだ時の葬式の手配。
私を「葬式のことで話しがある」と呼んだときもそのころだ。
そして父はその後かっきり3ヶ月後に亡くなった。

これを「医者はすごい」ととらえるのか、
これって、「それ聴いたからじゃないの?」ととらえるのか。
そのはなしを聞いて私は催眠術を思いだす。もし父がその書類を手に取っていなかったら、もう少し長生きしたかもしれないと。


だが一方でこうも考える。
もしあのときその「余命3ヶ月」という書類を見ていなかったら、父は私に葬式のことで話しがあると呼び出さなかったかもしれないし、墓の整理もしなかったかもしれない。あの書類のおかげで父は自分に覚悟を決めたのかもしれない。

葬式についての金銭面やこまごまな指示がなかったら、義母と私はぼうぜんとして路頭に迷っていたことだろう。覚悟を決めた父に感謝する。
父にとってあの書類を手にすることは、まわりにとっても自分自身にとっても必然だったのだろう。



そう思うと、一見残酷でひどいことに見えるものが、あとあとで実にうまく出来ていることに気づかされる。

この世で起こる出来事は、一人一人に気づきの学びを与えている。
これほどまでにあらゆるからだの病気が広がり、精神の病いも広がっているのは、
偶然にも、
不幸にも、
唐突にその人に起こってしまったことではなく、
それを通して「これは私に何を気づかそうとしているのか?」と、自問自答するためのチャンスを与えてくれているのではないだろうか。


忙しい現場で働くそのころの担当医に文句を言う気はないが、少なくとも医者の言葉がどれほど患者の心に『有罪判決』に値するような、マイナスの影響を与えているかを心にとどめておくことは大事だと思う。


先日の映画は、あらゆる方向からのアプローチだったが、心がすべてに影響を及ぼすことの真実を提示してくれた映画だった。

そういう流れがこれからますます広がっていくことを願って。






2019年1月11日金曜日

想像を超えるものにゆだねる



お正月三が日。何もしない日々を過ごした。
いつもの食事に、友人が送ってくれたおいしいものをちょこちょこいただく。それだけで十分満たされた。

テレビも見ないし、ビデオも見ない。仕事も終らせた。
何もしないとはなんと退屈なことか。

手持ち無沙汰でさんぽに出かける。
昔犬のユタをよく散歩させていたコースをダンナと歩く。高尾の山並みをみながら、ひなたぼっこ。

老後について話し合う。わたしの思いの中に誤解があり、理解のために言葉がつむぎ出される。やがて統合されて平らになった。

計画のためではない。計画など出来ない。
そもそも計画とは、過去の記憶にもとづいたものだ。それは未来に過去の延長を持ち込むだけでしかない。つまりは想像を超えるものではないと言うこと。


この年になると、老後が具体的になる。まわりを見渡して、過去の記憶を辿れば、あまりうれしい未来は見えない。しかしそれが人生と言うものであるらしい。
そういう想像しか出来ない。

これは創造であろうか?
ただの想像でしかないのではないか。


自分の過去を振り返ると、想像したようにはまったく進まなかった。と言うことは、これから先も、想像できるものではないのではないだろうか。



梅林の中に入ると、とてもすてきな場所を見つけた。剪定された梅の足元に、ハコベとオオイヌノフグリが密集して広がっていた。いかにも寝心地のいいトトロのベッドのように。

2人で裸足になり大の字になって寝そべった。真っ青い空をバックに、梅の花のつぼみがほころんでいる。青い空と交叉する梅の枝、耳元をくすぐるハコベの感触。大地の暖かさ。

この時間をもらえることを誰が想像しただろうか。



私たちはとても大きな損をしているのかもしれない。
想像できる範囲でものを考え、想像できる範囲で問題を解決しようと走り回る。
口からついて出てくる言葉は「ああしなければいけない」「こうあってはいけない」
でもほんとうにそうなるんだろうか。

その心の不安が、心を、出来事を、想像の範囲にとどめてしまうのであったなら、梅の木の下にトトロのベッドはみつけられないのかもしれない。


心を解き放とう。
未来を、自分が考える範囲にとどめさせるのをやめよう。

「全部自分がなんとかしなければいけない」
という呪文をつぶやくのをやめていこう。

自分の人生を、想像を超えるものにゆだねよう。

そう思わせてくれる年の始まりだった。



2018年12月27日木曜日

静かな時間



年末。
みなさま、慌ただしい日々をいかがおすごしでしょうか。
やまんばは、ノンビリ生きてます。



とーちゃんが死んだって言うのもあるか。喪中だから正月の用意はしない。お飾りやおせち料理の準備や掃除や、新年を迎えるための慌ただしい準備。
そんなたいへんさから解放されて、今真空状態へ。


昔はよくやったなあ、お正月準備。
NYでは、しめ縄の代わりに近くの公園で盗んできた木の枝のリース作って飾った。
今は町内会からもらう、ペラッとした長方形の紙に印刷された角松のイラストをドアにぺたん。(今年やめとくかw)



四季折々に行なわれる行事のほとんどが、健康や幸福を願ってのものだ。
豆まき、おひな様、端午の節句、お盆、お祭り、お月見、、、。

新しい年にきれいに飾ったお料理とお供え物で神さまを迎える。
お料理の数々には、いろんないわれがある。マメマメしく、長寿、子だくさん、よろこぶ、縁起物、、、、。
伝統なのでさぞかしうやうやしいものかと思うけど、よくみると語呂合わせだったり、ダジャレだったり(ダジャレかい!)
そうやって、笑いあり、信仰ありの、神さまを迎える楽しい行事なのだろう。

やまんばもその縁起物にあやかって、必死でいろんなものを作ってきたなあ~。
除夜の鐘が鳴るまでにおせちを作り終えねば!
元旦に洗濯物などしてはいけない!
などなど。



ふとどきもののやまんばは気がついた。
それが観念だったとは。。。
人々の幸せになりたい!という強い思いが、いろんな形にあらわれていたのだ。

これをやっておけば、嫌なことは来ない。
これをやっておけば、神さまを味方にできる。

そういう心の願いと、神への怖れの中で、始めたことだったのだろう。
それが長い年月とともに、美しい姿に変化してきた。
今はそれが日本の形、伝統にまでなった。



うすうすはわかっていたが、それをやめていく勇気がなかった。どこかで神さまが観ているかもしれない。これをやらないことで、来るはずだった幸せが、来ないかもしれないと。

ずっと関わってきた、いわゆるスピリチュアルもにたようなものだった。
パワーストーンとお札、パワースポットと神社。
嫌なことは来てほしくない。いいことだけが来てほしいと願う姿。


しかし現実はやって来る。
いいことも、悪いことも。
いまはおもう。
それは本当に悪いことだったのか?
すべては気づきのために起こった出来事じゃなかったのか。
それをなぜ回避する?と。


その視点でさぐってみると、行事に必要性は感じなくなってきた。
「これ、本当に自分に必要か?」
ひとつひとつ自分に尋ねていく。
必要でないものが、ひとつひとつ増えていった。



今は何もするものがなくなっている。

幸せを呼び込むためにすることなどない。
幸せはいやでも今ここにある。
ただそれに気がつかないフリをしているだけだ。

幸せはここにないという怖れが、
私に行事という行為をさせていただけだった。
もしやるとすれば、本当にやりたいことしかしないだろう。


用事がなくなる。

静かな時間が増えていく。

ことことと、ストーブの上で鍋が鳴る音がする。




2018年12月26日水曜日

五十肩、その後2



五十肩、その後2。

肉体に向かって「あんたなんかにパワーをあげない!」
そういってふて寝してから、手のしびれが消えた

明け方、呆然とする。
そこ?
。。。。
こりゃ、いける!
そっか、この手で行けばいいんだ!とうきうきしはじめる。

夜、寝床で痛みを感じると、「あんたなんかにパワーを渡さない!」
と、言ってみる。
。。。
変化なし。何度やっても何一つ変わらなかった。

そのとき、自分がこの肉体にたいしていろんな観念があることに気がついた。
やっかいなカラダ。痛みで手におえないカラダ。ちっともコントロールの出来ないカラダ。うっとおしいカラダ。気に入らないカラダ。。。

ああ、これらの観念があったんだ。
これを赦していこう。。。。

「私はこのカラダをやっかいで手におえないカラダだと思っています。
けれどもそれは単なる勘違い。本当はこのカラダには、何も起こっていない。
ゆえにこの思いを赦します。
神さま。あなたにこの思いを捧げます。どうか取り消して下さい。」

奇跡講座で使われる道具「赦し」を、あってるかどうかはわからないけれど、見よう見まねでやってみた。
一個一個の観念をそうやって丁寧に取り消してもらっていった。
すると痛みがどんどん和らいでいった。



痛みとひとことで言っても、いろんな症状があるが、私の場合は、それをイメージで見る所があるらしい。職業柄なのだろうか。
最初のころは痛みは、大きくてごつごつした岩の塊のようなものに見えていた。それが身体を動かしてストレッチしていくうちに、やわらかい流動的な砂の塊のように見え始める。
ある時は小石の集合したものになったり、和紙をくちゃ!っと丸めたようなものに見えたり、痛みはどんどんビジュアル的に変化をしていた。

そしてその「赦し」の作業ののち、痛みはほのかなものになり、ビジュアルは角アールの白い長方形が二つみえていた。
人の感覚とは不思議なものである。


また、言葉について痛みを通して面白いことを知った。

あるとき、痛んでいる肩に手をあてて「痛いなあ~。。。」
と心でいいながら、
「これ、痛いという言葉を発さないとどうなるんだろうか?」
とおもった。

痛みが始まる時、「い。。。。」と、痛いという言葉を止めてみる。
肩に意識を持っていく。

「どんなかんじ?」

すると、ぐにゅ~~~っと、なにかが肩の中で動いているのがわかる。そのぐにゅ~っと動いているものは、腕に移動し、手の先に移動した。
そのままカラダを「観て」いると、右手にもぐにゅ~~が起こり、足先にも感じていた。
それを感じている間、私には何の不快感もない。ただ、からだの中で起こる何かの反応だけを感じていたのだ。

ためしに「痛い。。」と言ってみると、とたんにそれが痛みに変わった。
「なにこれ!?」
言葉がもつ影響に愕然とした。

私たちはほとんど言葉による自動反応で、ものごとに反応している。痛いという言葉は、あの「ぐにゅ~」が起こった瞬間に発せられていた。

この仕組みをわかったところで、「あ!わかったー!」といって、その自動反応をすぐ落とせるものではないことは、その後の私の反応で痛いほど知ることになる。
この話しはまたおいおいに。



五十肩。
こやつは肉体を通して、ありとあらゆることを私に教えてくれる。







2018年12月24日月曜日

五十肩、その後1


五十肩、その後。

友だちの鍼灸師さんに治療してもらったり、
自分でマッサージしまくったり、
痛いのこらえながら、少しずつ運動したりしながら、
おかげさまで、だいぶ稼働率は上がった。

しかし夜が痛い。
夜中何度も目をさまし、そのつど「イッテエなあ~。。。」
と言いながら、布団の上に出ている腕を布団の中にしまい込む。
が、また「イッテエなあ~。。。」と、目が覚めれば腕は布団の上。
の、繰り返し。
そのうち、手がしびれていることに気がついた。手がグローブのように大きくなっているかんじ。手の感覚もない。右手だったり、左手だったり。指を動かすと、あっというまにもとの感覚にもどるが、なんとも言えないはじめての経験に恐怖を覚えた。

これはお酒のせい。。。。?
と思ってやめようとしてみたが、やめられない自分に驚く。アル中か!?と疑う日々。
必死でやめてみるも、たいして影響はなかった。
このはなしは、先日細かく書いた。




ある日の明け方、相変わらず傷みで目が覚める。
「イッテエなあ~。。。」
いつものように腕をさすりながら、ふと、私は肉体に意識を向け過ぎてないか?と思った。

普段の私たちは、肉体をあまり意識しない。しかし病気などでカラダに症状が出ると、とたんに肉体を意識する。不快な症状に意識を向けて、この不快をなんとかとりのぞこうとあの手この手を考える。

痛い思いをする人々は、
医者に行こう、

薬を飲もう、
民間療法を考えよう、
整体師さんに治療してもらおう、
もう酒はヤメだ!もっといい食生活をしよう、
あれやめよう、これしよう、、、、云々。

あるいはワラにもすがる思いで、
「霊がついているかもしれない、お祓いしてもらおう!」
と、なるかもしれない。



私=肉体というふうに、ビッタリと自分の肉体にがんがんにくっついている自分に気がついた。いや、むしろ肉体に支配されている!肉体にふりまわされている自分に気がついた。
まるで、肉体が主人で、私は家来。主人(肉体)のご機嫌の悪さに、あの手この手でなだめようとする家来な気分だった。

これ、ちがうだろ!

本来私が持っているはずのパワーを、肉体に完全に明け渡していた。

なんだこれ。主人は私だろ!
おいおい、何であんたにパワーを渡さなきゃいけないんだよお〜。

まるで好きなように走り回る子供にふりまわされる親のように、痛みで暴れる肉体にふりまわされている自分に気がついたのだ。


「もう、しらん!あんたなんかにふりまわされない!」
痛みもそっちのけで、寒い早朝にも関わらず腕も布団に入れないまま、
ほったらかしてふて寝した。



気がついたら遅い朝だった。
手がグローブのように膨れてしびれていたことが、ウソのように消えていた。


つづく。