2019年9月9日月曜日

あらしの夜に



昨晩台風の風の音が怖くて、寝られなかった。
こりゃ、高知県人。こんな台風の風の音で、なにビクビクしてる!
と、頭でいくら説得しようったって無理だー。

怖れの中で、怖れを消せない。
悶々とする中で、怖れをきらうのではなく、怖れってどんな感じ?と味わうことにした。
きらうって、怖れを受け取らないことだ。
どんな感じかと味わうとは、自分が怖れていることを受け取ることになる。


そっとからだの感覚に耳を澄ます。
胸のあたりがなにやらモワモワするあるイメージが出てきた。
それはぱりぱりと軽いものが割れて行くイメージ。たとえて言うならレタスの芯が割れているかんじ。そのレタスの芯が胸のあたりでぱりぱりと割れている。
恐怖ってこんなかんじなんだ。。。

そのなんとも言えない感じを味わいながらも、その最中風の音にビクビクと囚われていない自分がいた。
しばらくすると、悲しみが出てきた。恐怖なのに悲しみ?怒りも交じっている。レタスの芯のパリパリのあとに、何か別のものが見え始める。

何かが胸に突き刺さっている。太さ十センチ角のアルミの棒のようなものが、斜め上から私の胸の中に突き刺さって、背中に抜けていた。

こんなものが私の胸に刺さっていたのか。。。

ふと小さい時に起きた事件を思いだした。
飼っていた子犬のコロが死んだときのことだ。
「ああ、まだ私の中にあれが残っていたんだ。。。」

まだ小さかったコロをだいて、友だちの家に遊びにいったときのこと。コロはまだ繋がれていなかった。その子の家の庭でちょうどいいカゴを見つけた。コロの上にひっくり返して檻のようにして乗せておいた。

ひとしきり友だちと遊んで家に帰るろうとするとコロがいない。やっと見つけたコロは庭の脇を流れていた水路の中で溺れ死んでいた。コロは軽いカゴを押しながら水路に向かったようだ。
自分の不注意でコロが死んでしまった。あの時カゴをかぶせなかったら、コロは死んでいなかったにちがいない。
泣きじゃくりながら浴衣に包んだ濡れたコロの亡がらを父といっしょに海に捨てにいった。
あのときの悲しみと恐怖、それに自分への怒りが入り交じったものが、アルミの角棒として私のむねに突き刺さっていた。



「もう、これは私には必要ない。。。聖霊さんに取り消してもらおう」
あふれてくる思いをそっと胸から取り出して、見えはしないが、たしかにそこにいるであろう聖霊にそれを差し出した。

私たちは通常自我の中で考えている。自我は自我で消せない。
自我の土俵にはいない存在にそれをゆだねるのだ。


それからしばらくして心が静かになった。胸にあったアルミの棒は消えていた。

私の怖れは、自分が何かまちがったことをしているんではないかおもっていること。
その元になっているのがコロの事件。私のまちがいで、ひとつの命を落とさせてしまうかもしれないという究極の恐怖だ。

だから台風の嵐は、私が見落としたもので、何かが壊れる、誰かに迷惑をかける、そんな事になるんではないかという恐怖だったのだ。
だからいつも「雨戸はだいじょうぶ?玄関に置いてある傘立ては?あれは?これは?」と、心が右往左往してしまうのだった。


少し前とはまるでちがう静かになった心は、
ただ風の音を聴いていた。



2019年9月5日木曜日

セクハラ返しだ!



バイト先の店長のセクハラ言葉がすごい。
ここまであからさまに言う人をみたことがない。
そこでやまんばは、負けじと輪をかけて、店長にセクハラ発言をする。

「朝からすごい会話なやあ~」
と店長苦笑い。
セクハラ攻撃には、セクハラ言葉で100倍返しだ!

と、ここまでやって、はたと気がつく。
これ、攻撃やん。

攻撃されたと思うから、自分を守るために倍返しの攻撃!
これは延々と続く防御作戦。互いにニコニコにやにやしながら傷つけ合っているだけだ。
自分がやってることのむなしさばかばかしさに気づく。
もうやーめたっ。





最近、こんな風に考える。
「これ、愛で見たらどうなるんやろ?」

こんなこと考えるのはガラじゃない。どっか小っ恥ずかしい。
でもふいにそんな言葉が浮かんで、それを言うと自然とそんな目で見始める。
店長との会話が「攻撃やん」って気がつけたのも、そんな習慣がついていたからなのかもしれない。



私たちが世の中を、いかに怖れを通して見ていることか。
怖れながら見て、怖れながら行動する。
それがあまりに自動的すぎて、自分が怖れの中にいることさえ気づけない。

自分を守るために攻撃する。防御と攻撃はセットになっている。
その前提は敵がいる。敵は自分を傷つける。
そういうめがねでこの世を見る。いつ襲ってくるかわからない敵に向かってつねに防御策を練る。

そして私の場合、外だけじゃなく、自分の中に敵がいた。自分がいつ、自分に攻撃されるかわからない戦闘態勢の中で生きて来た。ビクビクおどおどしながら、自分がいつ裁かれるか、四六時中見張っていた。

だから怖れがどれだけ強いものか知っている。
それにどれだけ振り回されて来たことか。。。!!



けどそれは、存在しないものを存在しているかのごとく思っただけだった。
柳の木がゆれるのを、お化けがいる!と思って怖れているようなもんだった。

戦場は、心の中にあるだけだった。
怖れは、心の中にあるだけだった。



これ、怖れで見てない?
それを愛で見たら、どう見える?