2020年11月20日金曜日

愛の交流

 


先日、マクドナルドに行った。


大きなガラス越しに、ママチャリに乗っけられた赤ちゃんと目があった。

ダンナが手を振ると、それに答えた。

私も手を振ったら、私にも答えてくれた。


「あっ!」と思った。


これだ!

と、心が震えた。




最近よく遊びに行く近所の神社。

そこに行くと、私は自分のアイデンティティが失われる。

誰でもなくなってしまうのだ。


その時、自分がいかにイラストレーターであることにすがっていたのかを知る。


人は肩書きにすがる。

自分は何者であるかという自負と共に生きる。いわばそれを拠り所にして威厳を保つのだ。


それがこの場所に来ると、それが味わえない。

その肩書きを重要視してもらえないのだ。威厳は保てない。

むしろなんでもないものになる(笑)。


それはそこの神主さんや宮司さんが元教師であるからなのかもしれない。

誰も特別視しない。

みんな平等に扱うという、先生としての正しい仕事を全うされてきた人たちだからなのだろう。


誰でもなくなった私は、そこに行く意味があるのだろうか?という疑問がありつつも、

「これは私に何を教えてくれようとしているのか?

いったい私が何者でもなくなったら、何が起こるのだろう?」

という密かな実験でもあった。





ある時、いつものようにご神事が終わり、直会の準備を粛々としていると、

「はい!つくしちゃん、お餅!」

と、いきなり声をかけられた。


目の前には、ご神事で奉納された鏡餅を切り分けホットプレートで焼いた磯辺餅。


その時の私は、まるで小学生のような喜びに満ちた。

だが大好きなお餅が手渡されたことの喜びではなかった。


誰でもなくなった私が、ついに見つけられたような、

真っ暗な中で、ついに光に照らされたような、

そんな喜びだったのだ。


その無上の喜びに、自分でもいったい何が起こったのかわからなかった。





それが赤ちゃんとのあの交流で一気に解けた。


お互いがお互いを見つけあって、確認しあって、

「あっ、いるね!」

「うん!君もいるね!ああうれしい!」

「ああうれしい!」

と、喜び合っていた瞬間だった。


彼女に見つけてもらった私は、彼女と互いの存在を確認しあっていた。


そこには何の肩書もない。

互いが互いの存在をただ喜び合って、それを分かち合う。



その出来事は、今は遠くに引っ越していった、耳の聞こえない少年との、

あの出会いの時間をも思い起こさせてくれた。


まさにあの時もただお互いの存在を確かめ合って、

ただそこにいることに喜び合っていた。

そこには何の言葉もいらなかった。



神の子が、神と出会う。

互いが互いを喜び合う。


その喜びは拡張して無限に広がっていく。


これを愛と呼ばずして、何と呼ぶのだろう。





2020年11月19日木曜日

光で見る その2

 

自然を光で見る実験をしたのち、今度は人を光で見てみる。


目の前のダンナを見てみる。。。くっ、、、できない。。。

力尽くで見てみる。。。。

うー。。全然できない。。。



そうなのだ。

胸のあたりに光をイメージして。。。とやるが、

目の前のダンナの顔に意識が向けられて、光で見るどころの騒ぎではない。


しょうがないから目をつぶってイメージしてみる。

目の前にいないと、ちょっとだけ光でイメージできたw



それにしても、木や山を光で見るのと、どうしてこうも違うのだろう。。。?


抵抗している。

心のどっかで「お前なんか、光で見てやるもんか」

という、ダンナへの大きな抵抗に気づく。


光で見るとは神聖なことなのかもしれない。

日頃いろんな思いがあるダンナを、そんな綺麗なもんの中にいれてやりたくねえ!

という思いがあったのだ。


その証拠に、遠くで道を歩いている関係ない人には光で見ることができる。

でも目の前に来ると、「うっ。。」と、微妙に抵抗している。


私の中にある自然への思いと、人間への思いの違いを自覚させてもらった。






その日もコタツを挟んで、ダンナを目の前に光実験に悪戦苦闘していた時、

不意に彼の胸のあたりにぽっかり穴が空いて、その向こうから光が差しているというビジョンを見た。

すると彼の後ろから後光が見えた。


え?

この映像どっかでみたことが。。。


背中に光を背負った観音様の仏像。

法隆寺で見た、ひょろっとスレンダーな、私の大好きな百済観音を思い出した。


そうだ。

仏教彫刻の背中に後光を背負ったあのお姿は、こういうことだったのか。


私たちは、目の前の人の形を捉えている。

でもそれは肉眼で捉えているからのこと。

本当は私たちは光そのものなのではないか。

それを霊視した人たちがいて、それを彫刻したのだとしたら。。。



光を見るという実験をすると、だんだんもう一つの世界がわかってくる。

目の前に見えている世界だけが世界じゃないということを。


これは仮の世界だ。仮想現実だ。

私が私という肉体を持った気になって、

その肉眼で、私と似たような形の生き物を見ているのだ。



目の前の母親がハリボテに見えていた、小さい頃の光景を思い出した。

それは事実を見ていたのかもしれない。

本当は母の後ろに光があるのだが、それを遮るように、私がハリボテの母親像を作った。

それは自我としてのわたしの恐れが作り上げた影だった。

その影は今もこの世界に投影されている。


だが光をどんどん思い出していくうちに、

それは自分が作り上げた煙幕だということに気づき始める。



ダンナに光を、お山に光を見る。


それは延長されて私も光に包まれ、

互いの境界線は消え去り、


全く一つの眩いばかりの光になった。










2020年11月17日火曜日

光で見る

 


最近実験をしている。

目の前に広がっている風景を全部光で見るのだ。



目の前のパソコンやライト、自分の手。

ぜーんぶ光としてみる。

そうはいっても肉眼で実物を見ているから、単なるイメージでしかない。


それでも一瞬だけパッと見える。

面白いので散歩の度に目の前のものを光で見る。




光り輝く道、光る杉の木、キラキラする雑草たち。。。

よく見てみると、光の粒子がうごめいている。


かすかな淡い色の違う丸い粒子が混ざりあって、樹々と葉っぱの間に境がない。

お互いがお互いの粒子を絡ませながら、ゆらゆらとゆっくりと空に上がっていく。



ハッと我に帰る。


いつもの風景。


肉眼では、杉の木は杉の木として、葉っぱは葉っぱとして、互いに独立して見えている。



あらためて光で見ると、木々どころか、道も山も草もみんな光で一つになっていく。。。



「ああ、そうか。もともと彼らは光なんだ、、」

と気づく。


光であったものに、私は肉眼で、そこに木や山を見ているのだ。





そうすると肉眼というものが怪しくなってくる。

木や山があるから、それを肉眼で捉えた、と思っているが、

この肉眼だから、それを木や山という風に見ているのではないかと。



笑えてきた。

物理学がひっくり返される。

物質がある大前提で考えられているものが、

「この肉眼が見ているからそこにあるように見える」だけだとしたら、、、?





今度は人を光で見てみる。

自分を光で見ようとした時、じゃあ、この体も光だとすれば、この肉眼さえも光だということになる。。。


物質界がますます怪しくなってくるw




私たちはこの空間という物質界に、

一人の人間の形をした生き物として生まれてきたと思っているが、

そもそもこの物質界という空間さえ捏造されたもので、


そこに一人の人間として生まれたということさえ、

捏造されたものだったとしたら。。。



私たちは大きな勘違いの考えを与えられ、

洗脳させられて、


生まれては死んでいくという錯覚を見ているだけなのかもしれない。




絵/余韻

2020年10月31日土曜日

過去をサンドイッチにして

 


夜明け前、サンドイッチ作っている夢を見た。

いちごのサンドイッチと、ベーコンのサンドイッチ。

どちらも具沢山で、口に入らないぐらい高くそびえてる。。。


という夢を見ながら、あるインスピレーションが来ていた。


私の人生に現れてくる登場人物は、ぜんぶ私が作ったものだと。

両親の性格、くせ、趣味嗜好から職業に至るまで、全て私が設定したものだと。そしてこの私さえ、この肉体から性格に至るまで設定していると。


知識では知っている。

けれどもそれを直接言われると、びびった。


じゃあじゃあ、母のあの病気も?あの環境も!?すべて私が!?


。。。そのようだ。


がーん。。。。





でも心のどこかがそれを受け入れていた。

心のどこかがそれを聞いてホッとしていた。



私の中で、それを罪と見なくなっていたからなのかもしれない。

いやむしろ、罪と見なくなったから、それが教えられたのかもしれない。


あれほど自分に罪を見て罪悪感の塊だった私が、だんだん自分に罪を見なくなっていっている。


だから全てを設定したと言われても、それを罪とは感じていない。

たとえ母の病気を私が設定したとしても、それは実在しないのかもしれないと思う。


確かに高知に戻って母を見るなら、そこに見るだろう。

だけどそれはそう見えるだけだ。




見えるものは事実だと思ってきた。

だけどそれは事実とは言い切れないとも思い始めている。


もう一つのものがある。

そちらが真実だとしたら。


目に見えるものは、私が設定したもの。

この肉体を持って、この肉体で見ることをしているもの。

単にこの肉体の目が掴んでいるものだけを信じていただけなのだ。




もう一つのもの。

それは肉眼では見えない。

自我の私が作り上げた肉体から見えるものほど不確かなものはない。

それはありもしないものを見ているだけなのだから。


例えば、冷蔵庫に入れっぱなしのオリーブがカビだらけだった。

なぜか笑って観れる。

今まではそれを罪に感じていた。


この違いが一体なんなのかわからない。

でも見えるものを信じる必要はないと思えるのは、


今の私に見える限界ではそれは光として映るもう一つのものが、

どんどんリアルに感じ始めているからなのかもしれない。




私の設定すべては過去だ。

過去という具材を山のように積み上げてパンに挟み、

マヨネーズをいっぱいかけて、

ガブッと食べてしまおう。


『過去を赦し、それを手放しなさい。それは確かに過ぎ去っているからである』

                      by奇跡講座テキスト26章V.14.1


私はこの設定をぜんぶ赦そう。



もちろんその感覚は行きつ戻りつすることだろう。

罪も見てしまうだろうし、罪悪感もまた感じることだろう。

それもまた赦そう。どこまでも。




イラスト/「健康と生活」表紙イラスト/フラダンス


2020年10月24日土曜日

チープなおもちゃ


 



頭の中にいろんな言葉が散乱していた。

イメージで言えば、床に犬のおもちゃや、食いちぎった新聞紙がいっぱい散乱している感じ。


最初はその一個一個を見つけては、それと格闘していたが、

いんや。これは全く意味のない言葉の羅列だと気づく。





朝起きた瞬間から、自我が一緒に起きてくる。

自我のそれとわかる基準は、「なんかモヤモヤする」だ。

一個一個のおもちゃを見てみると、

不安なおもちゃ、心配なおもちゃ、イライラする新聞紙のかけら、恐れのピーピーボール。


「ほら。これ、どお?

こっちは、入手したての新商品さ」

自我はいつの間にか夜見世のオヤジみたいになり、

私が食いつくであろうチープな商品を提供してくる。


「これは確かに新しい、、、。

ん?ちゃうやん。

おっちゃんこれ、前からあったおもちゃに色塗り変えてるだけやん!」


「これらは全く無意味だ。。。」

そう思った時、目の前に散乱していたおもちゃはしゅるしゅるしゅる~~っと消えていった。



私は自分の頭に浮かぶ言葉は、自分のものだと思ってきた。

自分を正しい方向に導いてくれる言葉だと。

だけどその言葉を聞き続けてもちっとも幸せにもなれなかった。

その言葉は、アメを1%、ムチを99%くれた。

それでもこれは自分の捉え方が間違っていたんだ、

もっと正しい捉え方をしなければいけないのだと信じきっていた。


やがてその言葉は、自分を良い方向には進ませないものだと知る。

私にはもう一つの心があることを知った。

それが私の本当の心だった。





私には想像もできないほどのことが起こったらしい。

それは神の世界の話。

ある時神の子は、神から分離ができたらどんな感じかな~と思った。しかしおもっただけで、一瞬のうちに取り消されて、分離など起こらなかったのだが、その神から離れたいと思ったその思いが大きな罪悪感になった。あまりにも大きな罪の意識は、自分の中に保つことができず、投影という形で自分の外に出そうとした。それがこの世界の始まり。

この世界が分離で出来上がっているのもそのせい。
男と女、高い低い、大きい小さい、すべて互いを否定し合うことで成り立っている世界。

自我はそれを使い、今もこの世界を維持させ続けている。

だが神は神の子を一人ぼっちにはしなかった。聖霊という存在を一緒に送った。



私には選択肢がある。

夜見世のオヤジを教師として選ぶのか、

聖霊を教師として選ぶのか。


簡単ではないことはわかっている。ずっと自我を選んで生きてきた。選んでいるという自覚さえなかった。浮かんでくる言葉にフォーカスし、
「そうだそうだ。それが正しい。で?どうやればいい?」
と、思いっきり自我を教師として選んできた。

まさかそれが私自身を破壊する目的であったとは。
けれども自分の今までの苦悩がそれによるものだということは明白だ。


この世界に正しい答えなど見当たらない。すべてが一時しのぎ。

夜見世のオヤジの考え方で出来上がってきた私には何もわからない。

今は気がつくかぎり、聖霊に答えを求める。


聖霊は声に出して答えてはくれない。私に具体的に語ることなどない。

それでも心をそこに委ねていると、自然とその時々に起こっていることが、あちらこちらに導かれて紐解けていく。

これは夜見世のオヤジには到底できない芸当だ。




自我はこの世界は実在するといい、

聖霊はこの世界は実在しないという。
神の子は分離しなかったのなら、この世界などあるはずはない。


しかししっかりあるように見える。

あるように見せているのは、

「神から分離しちゃったー、やっちまったー!」

と罪を信じている私の心だ。


その思いが、目に見えるものすべてを重く深刻にさせ、世界を維持してきた。

今でもついついオヤジに乗せられてしまう。


それでも考え方を意志的に方向転換していくことで、ずいぶん穏やかになった。


朝見せてくれたチープなおもちゃたちも、一瞬で笑って退けられるようになりたい。








2020年10月22日木曜日

バチ信仰

 



小さい頃から「バチが当たる」という言葉にビビっていた。


神様はいつも私を監視していて、いいことをすればご褒美をくれ、悪いことをすればバチを与える。

その信仰はつい最近まで続き、悪いことしないように気をつけなきゃと慎重に生きてきた(つもり)。


でもイヤなことはいきなり起こり、

「何!?何!?いったい私、何悪いことしたあー!?」

と、悪いことをしたからバチが当たったのだと信じ、その理由を探る。


探せば大抵何かが思いつく。

「あれかなあ。。。あれにしちゃあ、バチが大きすぎる。。。やっぱこれか、、な、、?」


それはまるで、悪いことが起こった原因を見つければ、もう悪いことは起こらないような気がして。

しかし意に反してイヤなことはまた起こり続ける。





バチを当てる神は、どんな神なのか。


神様はいつも私たちを監視して、いいこと悪いことを見分ける。

神はそんなに怖い存在なのか。どっちかというと閻魔様に近い。

神のご機嫌を取りながら、ビビりながらこの世界を生きることを強いてくる存在なのか。


この世界のいいや悪いは、立場によってコロコロ変わる。

国が違えば法律も変わる。

手で食べちゃいけません!という日本の神様と、

手で食べなければいけません!というインドの神様は、どこらへんで分かれるのか?


神様はそもそもそんなに了見の狭い存在なのか?




そんな疑問を持つうちに、「バチを与える神様」を教えてもらうもっと前に、

ずっとそばにいた存在を思い出し始めた。


それはとんでもなく優しく、暖かく、穏やかで、

私がどんなことをしても微笑んで見守ってくれている何か。


その存在は、いいこと悪いことなどという種分けをしない。

この世界で犯した私の罪を、罪とも認めない。

その圧倒的な包容力に気が付き始めると、今までバチを与えてきた神が一体何だったのかがわかってきた。


それは自我だったのだ。

自我は神の仮面をかぶって、私を罪人だと信じ込ませ、

バチがあたるにふさわしいものだと教えてきたのだった。


自我の声は大きい。あれがいけない。これがいけない。ああするべき。こうするべき。

私がずっと悩まされ、振り回されてきたその大きな声は、神のふりをした自我そのものだった。


この世界など神は作っていない。ここは自我が作り出した世界。

だからこそこの世界に詳しい。

私たちがずっとこの世界に魅了され、とどまるように飴と鞭を使う。




私は大騒ぎをする声の、その奥の静けさの中の声を聞こうとした。

ずっと昔いつもそばにあったその声を。


まだまだ遠くに聞こえるその声ではあるが、心をとても穏やかにしてくれる。

その存在は、私を監視などしていなかった。

そうではなく、全てを一瞬たりとも見逃さず、ただただ見守ってくれていたのだ。


目の前に展開する知覚の世界が、昔見た薄いぺらぺらのハリボテのように思えてくる。


カーテンを開けるように、その知覚の風景を開けると、奥には眩ばかりの光があった。

私という体もそのカーテンとともに開かれてその光と一体になった。



この世界は全てのものが分離で成り立っている。

それはこのあなたと私という分離した肉体の目から見た世界。


しかしその世界は霧のようなもので、

それを通り抜けると、すべてが一つだった。