2017年8月20日日曜日

自分へのイメージ/土塊と口うるさい女の子


やまんばの中に、自分へのあるイメージがあった。

二つの存在。
ひとつは、顔のないジャミラみたいなおおきな土のかたまり。
もうひとつは、赤いスカートをはいた女の子。

「私」は、土のかたまりのほう。
女の子は「私」の先生、物知り、指導者、ご意見番的な存在。


自分は土のかたまりでできたでくのぼう。なーんもできない存在。目も口も鼻もなくて、ただぼーっと佇んでいるだけの存在。

その存在の肩に座っている女の子は、赤いつりスカートをはき、赤い靴を履き、目は大きくちょっとつり上がっている。ムーミンに出て来るミーみたいな、口うるさい存在。

彼女はこの世のルールをよく知っていて、このでくのぼうに、ああしろ、こうしろ、あれじゃダメだ、これもダメだ、だいたいあんたはねえ~、といい、あげくの果てに、この能無し!と言い放つ。

でくのぼうの私は、その子の言うことをよく聞いた。そうじゃないと、この世についていかれないからだ。そうやっていつもその女の子に意見を聞き、お伺いを立てながら、ビクビクと生きて来た。

そう、そうやってずーっと、大人になってもその子の言うことを聞きつづけた。

ある日、その子の言うことが矛盾していることに気がつく。
AをBにしろ、というので、Bにしたら、今度はAにしろという。。。
おかしいな。。。とおもいはじめる。
その子の言葉は私にとって絶対だった。その声を聞くことが、この世を生きる術なのだと。しかしそのとき、それはほんとに、そう。。。?と。




そして、いろんな本を読んでいくうちに、その女の子は、私のマインド、思考そのものだったことに気づく。
そしてその土塊でできたでくのぼうは、その女の子(つまりマインド)が作りあげたイメージだったのだ。

本当の私は、土で固められた身動きの取れない何もできない小さな存在でもなく、限定された収縮した存在でもなく、どこにもない、そしてどこにでも偏在している存在であった。



この世に生まれて来て、やまんばは、その女の子を必要としたのだろう。
この世でしっかり頑張って生きなきゃダメなのよ!そのためのルールを教えてあげる!と教える側と、それを教えてもらう側の、コインのウラと表を作りあげたのだ。

それにずーーっと振り回され続けて来た。
その女の子の存在に。その言葉に。その怒りに。その葛藤に。。。


今は、その子はかわいい存在となった。
以前は大きな声で訴えて来たが、今はたまに耳元で囁く程度。それもただ聞いているだけで、やがて消えていく。
でくのぼうだと思っていた土塊も、いつのまにか消えている。

それをイメージとしてこの世に表してみた。
なんかふしぎな感覚。






2017年8月15日火曜日

雨が降る理由


そぼ降る雨の中、盆踊り会場でだれかがつぶやく。
「雨、やまないねえ。。オレ、なんか悪いことしたかなあ~。。?」

それに反応して、横にいた人が答える。
「まったく!何も悪いことしてないのに、なんで雨ばっかり降るの!?」

するとそれを聞いていた親分が、
「イヤイヤ。きっと誰かが、なーんか悪いことしてるんだよ。。」
と、にやりとした。
一同が納得をする。



やまんばはそれを聞いてにやりとする。
雨が降ることと、悪いことすることは、なんもかんけーないのに、心はそれを結びつけちゃう。

1:盆踊りをするのに雨が降ること=悪いこと
2:悪い事が起こる=バチが当たった
3:バチが当たる理由=悪いことをしたから

↑あたまの中がこーゆー構図になっている。

するとあたまの中は、ひとり劇場が始まる。
「悪いこと、よくないこと、、、なんかあったっけ?
ああ、そうだ。あのとき私があれをしたから、あれがよくなかったのかな?
それで今日お祭りなのに、雨がふるって言うバチが当たったのかな?
イヤイヤ。なんであたしだけが悪いのよ。だいたいあいつがあんなこと言うから、ムカついただけよ!それにしっぺ返ししただけじゃないの!なんで神さまはこうもわたしにいじわるなの!?」
雨は降り続けるわ、あたまの中はムカつくわ、もう、イヤイヤ状態が炸裂~~~っ!



別に雨が降ることに、いいも悪いもない。
人は勝手ないきもんで、雨が降らないと文句を言い、雨が降ると文句を言う。
やまんばも畑に雨が降らないと、降ってくれないかなあ~と願い、降り続けると、もういいよ~と、文句をたれる。

「人はおこる出来事に原因を探す」
これは先日お会いしたタクさんの言葉。

「タクさんレンタル企画」で、高尾山のふもとにまでわざわざお越し頂いたのだ。むずかしー非二元のお話を、軽いタッチで笑わせながら、新たな方向から気づかせていくブログを毎日お書きになる。やっぱり難しいんだけど、何だか後からじんわり来る、不思議なブログ。やまんばは毎日読ませていただいている。どんなお方かドキドキして待っていたが、実際お会いすると、笑うと口元にちらっとえくぼが見える素敵な方だった。


まさに人は雨が降るという単なる出来事に、原因を探している。
なんで雨が降るのだ?と。

これ、状況が違うと原因なんか探さない。

待ちに待った雨が畑に降ると、「なんで雨が降るのだ?」とはおもわない。
「わーい、降った降ったあーーーっ!」と、よろこんでおしまいw
たまに「なんで雨が降ったのだ?そうか。私の日頃の行いが良かったのだ!」とか言っちゃうけどw

そんなもんで、人は出来事に対して文句があるほどに、その原因を探し求める。
それは生存本能が、悪いことを回避しようとすることから起こっているのだろうが、そもそも生死に関わる出来事など日常ほとんどない。雨が降ることは、死にいたる話ではないにもかかわらず、風が吹けば桶屋が儲かる的な発想で、すべてを深刻にとらえるため、思考は必死でその原因を探す。原因さえつかめば、もう悪い状況はやって来ないのだ!と、架空の安心を求める。

こーして「悪いことをしなければ、雨が降らない」という法則を作り上げるのだ。(ややこしーなーもう)

やまんばは、人が作る勝手な法則のしっぽをつかんじゃったので、おこる出来事に反応しなくなって来た。

雨が降った。
ですよね~。で、ハイ終わり。



追伸:

タクさんの今日のブログは、まさにそういうことを指し示している。
人は起こった出来事に自分を参加させようとしているんじゃないだろうか。
なにがなんでも法則を見出すのは、そこに自分がいる!という実感をほしがっている。
それはほっといたら、すーっと消えていく自分というものを、だめだめだめ!って、グッとつかんではなさないってことじゃね?
わしらは必死で「自分」であろうとしているんかもね。



「桶狭間は晴れ、のち豪雨でしょう」MF新書/表紙イラスト

2017年8月14日月曜日

響きとしてのご神事

お祭りあとのほこら

町内会の(といってもほとんど「村」)夏のご神事がやって来た。

午前中は村にある若宮八幡宮のちいさなほこらをお祭りする。お米や、ダイコン、鏡餅、鯛、お神酒などの供物や榊を捧げ、神主さんを呼んで祝詞をあげてもらう。

小さな石でできた素朴なほこらは、しめ縄とシデも新たに、年に二度ういういしい姿になる。夏のご神事と新年のご神事だ。

神社入り口

一度日本を離れて日本の美しさを知ったわたしにとって、この小さなほこらは宝石のように輝いてみえる。

そのむかし神道に凝ったことがあって、しきたりのひとつひとつの意味を知り、感銘を受けたものだった。時がたって宗教的マイブームは去り、一時的にご神事にも行かなくなった。
しかし再び足を運ぶようになった今、むかしとは違う受け取り方をしている。

むかしは祝詞の言葉の意味を求めていたが、今は音そのものを楽しむ。
神主さんが発する「おおおおおお~~~~~~」という音の響き。
祝詞の言葉の、太古のにおいがする響き。
さーっ、さーっ、と、榊でお祓いをする音。
ときどきほこらの後ろを通り抜ける電車の音。
蝉の声。
人々の存在する音。

樹々が、山が、聞き耳を立てて、そのすべての音を聴いている。空気が振動する。

ほこらから見える風景。高尾山の山並み

色を楽しむ。樹々の緑。しでの白。大地や幹の茶色。神主さんの鮮やかな衣装。水色、黄緑、濃い紫。真っ白い足袋。紫の鼻緒。

感覚を味わう。むっとする湿度。ふいにふく風。

その瞬間に私は同調する。それを全身で味わう。
村の人々がそこにいるのに、いないかのように静まり返り、その一瞬の中に人々は溶ける。

神道という形は、日本人の存在にピッタリ来る。
そこには人間対神でも、上下関係でもない、自然も人間も神も、そのすべてが一体となる瞬間を演出しているかのよう。。。。


「本日は、おめでとうございます」

ご神事が終わり、神主さんの最後の一言で、村の人たちは各々の意識にもどっていった。


2017年8月10日木曜日

「これ」っていったいなんや。



「これがあるだけ。」

なんのこっちゃ。

今目の前にある、パソコン、扇風機、目の前に見える世界。
これしかない。とのこと。

外から聞こえる鳥の声。じつはそこに鳥がいるわけではなく、鳥かどーかも分らん音が「聞こえている」だけ。

パソコンって言う物質があるんじゃなくて、パソコンのよーに見える映像があるのを見ている、、、、じゃなくて、網膜に写っているものを見ている。

ほんとは「見ている」のかどーかもわからん。
ほんとは耳に聞こえているのかもわからんし、キーボードを叩いているよーな気になっているだけなんかもしれん。

そーなると、だいたい他人とゆーもんはいるんか?
単なる網膜に写っているもんを「見ている」だけなんちゃうか?

と、ゆーよーなことをいってるのか?「これ」って。

しかもそれに原因と結果などというよーなものもなく、ただ刻一刻と変化している映像なり音なりを、勝手に解釈して、これがそーなったら、あーなる、とゆーふーに、「わたし」が作りあげて(妄想して)いるだけなんか?


なにもせずに、ただぼーっとしている。
なのにどんどん目の前の映像は変化して行く。
それに参加しなきゃ!と思うと、思わないとに係わらず、勝手にどんどん変化する。

「これ」っていったいなんや。
「わたし」っていったいなんや。


「腹だけ痩せる技術」MF新書/表紙イラスト





2017年8月6日日曜日

最近の和紙の作品たち



「飛び石」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
いつもながめている庭に飛び石がある。
夏の午後、その石をテーブルにして、コーヒーやビールを飲む時間が好きだ。
草たちが自身の姿を誇るように、石の上をはう。
一瞬、飛び石が舞台になり、草たちがその上で踊っているようにみえた。





「紫色の木」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
アスファルトの道から、一歩森の中に入ると、
すっと涼しい風がほほをなでる。
杉林に入ると、また一段と温度が下がる。
その青い空気感を作品に。




「ホタルブクロとドクダミ」
和紙、オイルパステル、水彩、色鉛筆
どちらも地味で花屋の店先にはけして並ばない花。
だけどすごく個性的。
野の花には、こういう個性的なものが多い。
それを和紙で挑戦してみる。
和紙は何でも味わい深くする。




「ドクダミ」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
我が家の玄関口に今年はいっぱい咲いたドクダミの花。
名前だけ聞くと、ドキッとするような響きだが、
この花をひそかに愛する人は多い。
葉っぱといい、花といい、すべてはキュンとするようなカタチをしている。
しかしいったん手に取ると、独特のにおいが。。。
このコントラストを表現してみたかった。







「夏」
和紙、水彩、オイルパステル、色鉛筆
和紙はいろんな表情を見せる。
強烈に薄い和紙、強烈に分厚い和紙、
透明で、不透明で、その表現は縦横無尽。
私はそれをカッターで切り、ちぎり、その効果をためす。




「春」
和紙、洋紙、オイルパステル
一本の木で春を表現できないかとおもった。
架空の木。山が笑ふように、木もまた笑ふ。




「針葉樹」
和紙、洋紙、オイルパステル、水彩
家の前には、スギとヒノキの林がある。
針葉樹はどこかつっけんどんだけど、
心の中はあったかい、だれかさんのよう。
それをイメージしながら、思うがままに色を置いてみた。





2017年8月3日木曜日

感情を見る2


怒っている自分に気がつくと、私はその場で静かに自分を観照する。仕事をしている時はその仕事をしている最中に、手が空けられる時は椅子に座って静かにみる。

「今、どんな感じ?」
と自分に聞く。
「今、どんな感じが身体にある?」

頭のエアー演説には耳を傾けない。言葉に解決法は見出せないからだ。むしろ頭を通さないほうが、なぜか解決されて行く。身体の感覚に焦点を当てると、自然と言葉が消えていく。全身で自分の怒りを見るのだ。

一番最初に意識化された「怒りおどり」はここに書いた。

怒りの感情を全面的に受容することで、それが溶解して行く経験をしたあと、その現象が面白くなって、自分がネガティブな感情になるたびに、それを見るという実験を繰り返した。

そういう過程で、自分がどうして感情的になっているのか、どんな観念が元になっているのかが明確になって行く。自分がわけもなくそわそわしたり、何かに突き動かされるようにして動くその衝動も、理解とともに消えはじめる。そして一回そのことを理解すると、もうその同じ状況で同じ感情はあらわれにくくなる。何かが消化されているようなのだ。

最初ははっきりとした感情、今の日常生活の中で味わう感情。しかしそれがだんだんと、幼児期のころの感情を呼び起こしはじめた。幼いころ味わった哀しみや苦しみや怒り。ずっと押し入れの奥深くに隠しておいたのだろう。それが出始める。

正直いってこれが一番きつい。
この世に生まれて間もなく知る、無慈悲なまでの人間界のルールや出来事。それに出くわした時の、心の整理など自分でできるわけもなく、ましてやそれに気がつく親もそうはいない。何のフォローもないまま、「それはそういうものだ。。」と、いい聞かせながら、子供は成長し、その押し殺された感情は、深い深い井戸の底に置いておかれる。
それがだんだん浮上してくるのだ。

だがそれも受け取られはじめる。
ただ見るということが、何かを動かし、何かを整理し、何かに変容して行く。たったこれだけのことが、いかにすごい叡智なのか。。。私たちが作った「言葉」などではけして解決などできないのだと実感する。

やがて意味のわからない怒りがやってきたとき、これは人類がもつ集合的な怒りの塊なのではないか?とさえおもった。

そしてだんだんと繊細な感情の領域に入って行く。
これは何?このむずむずざわざわした感情は何?怒りなの?哀しみなの?一体何?という感情の領域に入りはじめる。
それでもそれを味わうことをつづけている。


その先に何があるのかはわからない。しかし自分が穏やかになって行くのに気がつく。
あれもこれも気になっていたものが、気にならなくなって行く。
自分の中に何かでパンパンに埋まっていたものが、すかんすかんになっていく。

私という個別の存在が、そこらへんにあるものと、まざっていく。
自分というからだは、はっきりとした輪郭を持つ個としての物質というよりは、イワシの大群みたいな、あいまいなものになっていく。


これ、どこかで感じてたもの。。。
そうや。。子供のころの感覚や。。。



感情を見る



「私がいる」という感覚が、前とすこしちがってきている。

それは自分の感情をみるということをしていることと関係があるように思える。

それまでの私は、受け取りたい感情と、受け取りたくない感情をもっていた。
嬉しい、楽しい感情は、受け取りたいが、怒り、哀しみ、嫉妬、不安などの感情は、受け取りたくないし、見たくも、またその感情を持つ自分をも認めたくもなかった。

だが意識的にその感情たちを見ることによって、何かが溶解して行くのを感じたのだ。

それは何かの方法を使って「消し去る」ことではなく、ただ見る。ただその感情の中にいて、とどまる、味わう。そういうことをしているだけ。

消し去ることは、どこか抵抗がある。これはいやな感情だから、なんとかして消そう消そうとする意図が見える。だが、ただその中にいることは、抵抗ではなく受容なのだ。



わたしは感情的になると、自分を怒らせた相手を責めた。自分がいかに「正しく」怒っているかを心の中でエアー演説をぶちかました。

これをよく見て行くと、怒っている自分に罪悪感を感じるため、それを正当化するために使っているのだと気づく。自分の心の中が、言葉だらけになっていた。怒りを言葉でゴマカしていたのだ。

それは怒りを見ないようにするために、言葉で自分を納得させたり、怒りの気分を変えようとしていたのだ。

ところがエアー演説は、ふくらむばかり。小さくなるどころか、かえって巨大化する。だけど人の生活とはよくしたもので、いきなり別の出来事がおこり、その怒りを忘れて行く。
そうやって、わたしの怒りは解決されないまま、押し入れの中に放置された。





人が怒りを感じるのは、何かがきっかけで出て来る。何もおこらなくて、いきなり怒る人はいない。そしてその怒りの発火点は、人によって微妙に違う。

だから自分がいつも怒っているものに焦点を当ててみるといいかも知れない。たいてい似たようなことがらにでくわして、いつも同じパターンで怒っている。

この現象は、その人それぞれにある種の気づきを与えるために起こっているのではないか?




つづく。

2017年8月2日水曜日

半醒半睡の中で。。。


うつらうつらしていると、家ががたがたと音を出した。身体もゆらゆら揺れている。地震だ。。。

地震があると、身体がこわばる私だが、そのときはただそのようすをながめていた。

こうやって、すべての事は現れて、動いて、消えていくんだな。。。

あたまの中でいろんなシーンが浮かぶ。
ああ、あれも、これも、それも。。。ああ、そうか。。。


動いて行く現象に、私たちは名前をつける。
名前を付けられた時点で、それをわかったような、知ったような気になる。するとそれは固定化されたもののように見え始め、その名前を貼られた現象が、とつぜん特別なものに見えたり、忌み嫌うものに見えたりしはじめる。

求めれば求めるほど、嫌えば嫌うほど、それはどんどん強烈に存在しはじめる。

そうやって、私たちはいいもの、悪いものをつくり、苦しみを増やして行くのか。。。。


半醒半睡の私はなぜか納得していた。


「沈没船が教える世界史」MF新書表紙イラスト

2017年7月29日土曜日

肩書き「自分」


「自分になるために学びは必要ですか」
ムージの言葉だ。
ドキッとする。

自分になるために。。?

私はずっと自分に「私はイラストレーターだ。私は女だ。私は56歳だ。私は日本人だ。。。」と、いっぱい肩書きをはって来た。

肩書きとは、外にあるイメージだ。
イラストレーターのイメージ、女というイメージ、56歳のイメージ、日本人のイメージ。。。
その外のイメージに、自分を当てはめる。そうすると自動的にそうでない自分を見つけてしまう。

イラストレーターは、こういうイメージだよな。
今の自分は?
え!じぇんじぇんちゃうやんけ!
じゃあ、そのイメージになるために、こーやって、あーやって。。。と。

女はこういうイメージ。。。
自分は?いや、じぇんじぇんちゃうやんけ!
そのイメージに合わせるためには、あーやって、こーやって。。。と。

そーやって、自分が勝手につけた肩書きに、あわせよう、あわせようとしてきたのだ。

それ、自分?

自分じゃないものに、そう、自分じゃない型に、自分をはめ込もうとしていたんだ。
「イラストレーター型」、「女型」、「56歳型」、「日本人型」「ナンチャら型」

そもそもなんで「型」にはまらなきゃいけないんだ?
そう教わったから?
そのほうが、気持ちが安心するから?
人を安心させるから?
社会を安心させるから?

だけどその型って、すっごく抽象的。しかもそれに資格などあるわけもなく。
「あなたはみごとにイラストレーター型にはまりました。おめでとうございます!」
と、賞賛されるわけもなく。


その漠然とした抽象的な、おばけのような「型」に、無意識に振り回されている自分を発見する。

小さいとき、「何になりたい?」ときかれて、
一瞬、どうして外の何かにならないといけないのだろう?とおもった。だけど私は母の思いをくんで「看護婦さんになりたい!」と答えたものだ。

そういう問いに対して、
「自分になりたい!」と答えた、ある子供の話しを思いだす。


冒頭の言葉「自分になるために学びは必要ですか?」


自分って何やろ。
それまで自分じゃないものに、無理矢理自分を押し込めようとしていた。
でも、自分になるためって、、、、まさに今のこの状態やんけ。
それって何の型もない。
型は、まさにわたしそのものだ。

何の型もないものだとしたら、無理矢理その中に入る事もない。
そのまま、今ここで出発できる。
しかもどうあろうと、それが自分、そのままなのだ。

そこに学びはあるのか。
自分自身であるなら、外に教えを乞う必要もない。
そして発見がある。
どんどん掘り下げて、どんどん発見して行く。


「大きくなったら、なにになりたい?」
「大きくなったら、大きな自分になりたい!」

名刺にこう書くのだ。

肩書き:自分
名前:つくし


来年の確定申告の職業欄にこう書いちゃおうか。



絵:「炎」

2017年7月23日日曜日

言葉という魔法


言葉にすると、それはリアルになります。

それまで、ぼよぼよふわふわぼよーんとしていたものが、
「これは○○です」
という名前を付けた瞬間、ぼよーんとしか見えていなかったものが、ゆっくり、急速に形を持ちはじめ、それが○○になります。

「これは○○という出来事です」
と、何かの動きの連続性をみつけ、「出来事」として言った瞬間、それが○○という出来事になります。

わしらの目の前には、最初っから独立して物体が存在していたのではなく、それを誰かが個別の存在としてみつけ、それに名付けたから、みんなはそこを注目しはじめ、リアルなカタチに見え始め、定着し、だれもがそれを
「これは○○です。あたりまえじゃ」
となっていきました。



生まれてまもない頃、目の前のぼよーんとした存在が、こちらに向けてくりかえし、同じ音を発しつづけているので、こっちにあるものは、「つくしちゃん」というものなのだとおもいはじめる。
んで、あっちにあるものが、「おかあさん」というものなのだとおもいはじめる。そうしてこっちとあっちに分れ、その音を出す存在が、カタチとしてくっきりと見え始め、それが、あれは○○、これは○○と、独立した個別の物体を教えてくれる。

そうやってわしらは、音という言葉とともに、この世の「リアル」を作り続けて来たのだ。


今日も新しい言葉/名前が生まれる。
きのうまでなかったものが、今日突然存在しはじめる。
言葉という魔法によって。



絵:表紙イラスト『M1戦国史』

2017年7月21日金曜日

アーシングの威力



庭ではだしになる。
畑ではだしになる。
ついでに畑ではだしで歩いてみる。
ついでにはだしで野良仕事してみる。

こんなに心地よいとは思わんかった。

ふわふわした土の感触。
さらさらした草の感触。
でこぼこした石の感触。
ちくちくした刈ったばかりの草の根元の感触。

むき出しの足の裏が、あらゆる物体の存在を教えてくれる。
いや、そんなことよりも、なんとも言えぬ、なんだろう、ずいぶん忘れていた感覚。。。子供の頃に知っていた感覚。
大地と、この世と、直接触れているという実感と安心感。。。

その感覚にひたろうとすると、大人になった疑い深い心がさわぐ。
「汚い。危ない。破傷風になる。。」


アーシングという言葉を聞いたのは、つい最近だった。
エハンデラヴィという冒険家が教えてくれた。

地面に直接足をつけることは、じつはわたしは昔から知っていた。
身体に電磁波がたまるから、大地に足をつけて放電しなさいと母に言われていたことがあったので、ときどき地面に足と手をつけて四つん這いになって、
「ほうで~~ん!」
と叫んでいたから。

それを徹底してやったことはなかったが、ここに来て、この「ほうで~ん!」がいかに身体に良いか、いかに私たちが常日頃電気まみれになっていて、それを放電する機会がないかを知る。

さすがに夏の虫が多い時期に、畑ではだしで野良仕事もできないので、黒足袋を履いて作業をしていた。

地下足袋はゴム底なので絶縁する。だから普通の綿素材の黒足袋を着用。


ある日、足の裏に異変を感じた。
「あれ?魚の目が。。。。?」

それはかれこれ10年以上は持っている持病の魚の目。
さながら活火山のように、カルデラがぱっくりと深い口を開け、カルデラのフチは毎年のように高くなって行く。歩くとフチがあたって痛いので、ときどきカッターで削ぎ落とすが、ほどなくしてまたカルデラのフチは高くなる。それをカッターで削ぎ落とし。。。
そうやって10数年、この魚の目火山と戦って来たのだ。

それがある日。
「か、カルデラが消えてる。。!」
ぱっくりと深い底なしの穴を見せていたはずのカルデラが平らになっている。
「えーーー。なんでえーーー?」


頭をぐるぐるめぐらせる。最近何か変わった事をしなかったか?
ある!あれしかない!アーシング!

1ヶ月前から畑と庭でやっているアーシングだ。
調子がいい、野良作業が疲れない、などの効果は実感をしていたが、魚の目まで治すとはしらなんだ。恐るべし!アーシング!



おもしろいので、写真を撮ってみた。
お見苦しい写真を失礼いたします。

これが6月20日、最初に発見した、消えていくカルデラの様子。
元の姿をお見せできないのが残念。(そんなもん、いらん)
なんともいえぬひどいカルデラであった。


それから20日後/7月10日。
そこに何かがあった足跡はあるが、これがかつて活火山だったとは夢にも思うまい。


そして、10日後/7月20日。
もはや大きな指紋の一部のようにしか見えない、かつての魚の目火山。



アーシングは、私たちの身体にたまった電磁波を放出して、自然体に戻してくれるというだけではなかった。

植物が根を張るために大地を必要とするように、人間もその根のごとく、大地を必要としていたのではないか。それが60年代に靴の底にゴムを貼るという画期的な文明のせいで、大地との交流が絶縁状態になった。そこからありとあらゆる病いや問題があふれて来たのではないだろうか。


眼に見えない根っこが大地と私たちを結んでいる。大地も私たちの皮膚の一部ではないか。いや、私たちこそが大地の一部なのだ。

魚の目事件をとおして、大地とのつながりをじかに実感させてもらったいい体験だった。

大地さん、ありがとうーーっ!
魚の目さん、ありがとうーーーっ!


2017年7月20日木曜日

何のための畑?


先日、畑で野菜が消えていた。

大きく育ちつつあったトウモロコシも、ズッキーニも、キュウリも、ジャガイモも、トマトも消えていた。ついでにジャガイモの横に生えていたカンケーないインゲンも根こそぎ。

山のすぐ横にあるこの畑は、いつも野生の脅威に脅かされる。毎度の事ながら、そのたびに驚き、がっくりする。

何のために野菜作ってんだろう。。。わたしはサルやタヌキを育てるために野菜作ってんのか?と、自問自答する。

木陰で素足になり草の上に座り、呆然と畑をながめる。バックには高尾山の美しい山並み。すずしい風がほほにあたり、荒れた気持ちを流して行く。


人が行動するとき目的がある。
おいしい野菜を作るためや、無肥料無農薬で野菜が作れるのかという実験をするという目的。
ところが夏は夏野菜を、冬は冬野菜を、ことごとく野生動物にもっていかれると、その目的は覆される。ネットを掛けたりするが、それもサル知恵にかかっちゃ、おてあげ。
残るは電気仕掛け。でもここまで広い畑だと、逆にお金がかかってしょうがない。それに何だかそういう手段に抵抗がある。


早朝ズッキーニのめしべにおしべを交配させる事をやっている。きれいに咲いたメスの花の芯に、オスの花のおしべをちょんちょんとくっつけると、核分裂をおこして一気にズッキーニの実が大きくなって行く。その変化がおもしろい。
ああ、こうやって子供が育つんだあ~って、感心する。


ふとおもう。
ただそういうことを見ているだけで嬉しいんじゃないか、わたし?
食べる事も好きだけど、かれらのたくましさや変化やその過程の美しさ。。。そういうものを味わわせてもらっているんじゃないだろうか。。。
命のダイナミックさを、じかに堪能させてもらっている。
植物だけでなく、野生動物の命の営みささえも。
そういうことのための畑なんじゃないか?


トウモロコシが消えた朝、呆然とするも、
「うまかったやろうなあ~。。」
と想像して、自分が食べたような気になっているのに少し驚く。まるで子供が食べている姿を見て嬉しい母のように。



今朝も畑に出かけると、サルの親子が畑のすぐ横の木の上にいた。

ズッキーニの畝でおしべとめしべを交配させる。同じ畝で大きくなりつつあるズッキーニも食べられちゃうんだろうなあ~とおもう。でもそこまで心ががっかりしていないわたしがいる。
立ち上がって、
「私らの分は残しておいてよ」
と、サルの親子に向かって言う。

大きくするためでも、たくさん取るためでもない、不思議な畑。

この理解不可能な現象の中で、畑8年目の夏が過ぎて行く。

2017年7月13日木曜日

怒ることが起こっている


非二元の勉強するうちに、どうしてもひっかかることがある。
それを書いてみる。

起こることが起こっている。ただそれだけ。
感情も起こることが起こっている。
思考も起こることが起こっている。
ただそれだけ。
その言葉は、うまく使える。

怒りが起こるとする。

するとこういう。
「怒ることが起こっている。ただそれだけ。」

自分が怒っていても、
「それはほら、単に起こっただけだから。」
って使える。

その怒りにまかせて、ものを蹴飛ばしても、
「ほら。それがただ起こっただけ」
って、肩をすくめて舌をぺろっと出せる。

これが非二元?
なんだかなー。

すべての現象は、現れては消えていく。諸行無常。すべては移り変わって行く。
感情も起こっては消えていくものだ。

だけど人はその自分に起こった感情に執着する。
「これは私の怒りだ」と。

そしてその怒らせた相手にも執着する。
「お前が私を怒らせたのだ!」と。

そして自分がいかに正しいかを主張する。相手の間違いを訴える。
それは口に出して言わなくても、たいてい心の中でやっている。
(これをエアー演説というw)

次にその怒りがまたやって来ないように、相手をコントロールしようとする。ところが人などコントロールできるはずもない。あの手この手を考え、最終的に、いやときどき、力づくでのコントロールになることも。。。

こうして単に怒りが現れただけなのに、消えるどころかますます盛り上げて、延々とその怒りを制作し続けて行く。



これ、「起こることが起こってる」だけで済むもんかね。
これじゃ、有史以前から続くありがたい教えの意味がない。

この言葉のほんとうのニュアンスは、
怒りが起こる。
「あ、怒りがあるのね」
と怒りに気づき、その感情に係わらない。

現れては流れて行く雲のように、その感情も外からながめているだけで、ほんとうは消えていくものなのだ。ものの数分のうちに。場合によっちゃ、何秒単位。
これが本来の「起こることが起こっている、ただそれだけだ」の意味やとおもう。

けど現状の私たちは、怒りが来ると、それを自分の怒りだととらえ、怒りは悪いものだという観念によって、それをなんとかとりのぞこうと躍起になるので、先程書いたパターンにはまって、怒りを制作し続けてしまうのだ。




怒りを分解してみようか。

まず、なんで怒りが来るのかってことだ。
そんなの怒るに決まってんだろ!って言っては、また同じ所にはまるので、もう少し掘り下げてみる。

人が怒るには、何かをきっかけにしている。
怒りは反応だ。反応するということは、そこにジャッジがある。もし、いいも悪いもなければ、ジャッジというものは存在しない。わたしたちはそこで起きるできごとに「悪い/いけない」という判断を下すわけだ。

たとえば超個人的な話しをすると、ウチのダンナがあくびをすると、私はイラっとする。人のあくびに反応している。ということは、私はあくびに対して「いいわるい」という観念を持っていることがわかる。自分であくびするのは気にしないくせに、人が目の前であくびをするのに腹を立てているのだ。(勝手なお人)

まずあげられるのは、人前であくびをするのはお行儀が悪いという判断。
ここで「あー、お行儀が悪いんやと思ってるんやー私ー。」と気がついても、いっこうに怒りはおさまらなかった。
まだ何かその怒りを支えている信念があるなと気づく。
しかしなかなか見つけられない。

あくび=退屈。
あいつは退屈してるんや。。。
なんで退屈してるねん!ムカつくなあ~。。。

あれ?まてよ。
なんで人が退屈しているのを見てムカつくねん、私。。。。

退屈はいけないこと。。?
ほんとに?
自分の中に深く入って行った。

私が、、あいつを。。。退屈。。させてる。。。?
ふと、そういう考えがよぎる。

いやいや、人を退屈させるなんて、おこがましい。。。

そのとき、小さな時の記憶がよみがえった。
身体の不調を訴えたり、機嫌が悪かったりする母に、私はその場でおどけて見せたり、踊ってみたり、素敵なものを見せたりして、母を笑わせ、母の機嫌を取っていた自分を思いだした。


人を退屈させてはいけない。

この観念は、あの小さな私があのとき持ったものだった。
なんとか母を元気にしたいというやさしくて母思いの子でもあるが、反面母の機嫌を取ることで、自分の身の安全を確保しようとする試みがあった。子は自分の存続のために、ありとあらゆる手を駆使するのだ。

そういう心のパターンは、大人になっても続いていた。人の顔色をうかがったり、空気を読んでみたり、時には必要以上に人の機嫌を取ったり。。。

パターンは気がつかない限り消えない。日の光に当てて、真正面からそれを見ない限りは自然消滅はしないらしい。

あくびをするダンナは、まさに私が彼を楽しませることができない(変な意味じゃなくてえ~w)という結果を突きつけられたかのように、錯覚していたからなのだった。

そういう自分の心の流れ方に気がついてから、ダンナがどれだけ大あくびしても、めっちゃ退屈そうでも、何のイラつきも起こらなくなった。
心がそれに反応しなくなったのだ。




起こることが起こっている。
怒りが起こっただけ。それだけ。
というままにしていたら、ダンナのあくびへの怒りは、ずっと続いていたことだろう。

非二元の言葉は、徹底的な自己認識ののちに(簡単な道のりではない)、自然とわき上がることであって、聞いたことばをそのままお題目のように、ただとなえていればいいものではないとおもう。というか、それを口にする意味もないのかもしれない。


単に知識を入れることと、それを本当に知ることは、まったくちがう。
私たちはあまりにも、ただ知識を入れることだけをしてきた気がする。


絵:MOON DEER